スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! EASTON ホイール!!  EASTON EC90 SL

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
DSCN5431.jpg







ついに届きました! EASTON EC90 SL カーボンホイール!!
DSCN5434.jpg

日本未入荷モデル故、米国から取り寄せました。
稀にヤフオクでも出ていますが、、、ヒルクライムに最適な最軽量のSLXと平地や巡航速度が得意なディープリムのAEROの中間モデルが、このSLです。

どっちつかずな為、日本に輸入していないのもわかりますが。。

キシエリやシャマル、ZIPP303より軽くてヒルクライムにも強く、平地では最高速や巡航速度も稼ぎたい、という欲張りな私にはピッタリ(笑

そしてカーボンのセミ?ディープホイールです。
DSCN5435.jpg
DSCN5436.jpg



早速、実測値を量りますが、、重量はフロントが526g!DSCN5438.jpg

リヤが704g!!
DSCN5440.jpg

なんと前後合計で前後で 1,230g でした。 カタログ値よりも2g軽く、「当たり」のようです。(^^



ハブは前後とも、イーストンが誇るR4ハブの今年の2009年モデルから採用のSL!
そう、セラミックベアリングが標準 でどこまでも回っていってしまう軽さ。
DSCN5439.jpg

そして、カーボンホイールのために、専用ブレーキシューが付属しています。(通常のブレーキシューは使えません)
SWISS STOPとのコラボモデルです。もちシマノ対応。
DSCN5442.jpg



早速、買っておいたコルサEVO CX-IIを装着します。
リムとタイヤを脱脂後、リムセメントは使わず、ミヤタのリムテープで接着します。
DSCN5445.jpg
少々空気を入れてセンター出しをしてから、、、剥離フィルムはピ~~っと、剥がします。
DSCN5462.jpg
両面テープの接着剤は感圧式なので、一旦空気を抜いて指で十分に圧着して、それから再度空気を8~9気圧ぐらい入れておきます。


シューも交換!
DSCN5452.jpg
DSCN5454.jpg



ちなみに今までのホイールは、マヴィック アクシウムレースにミシュランPRO3 RACEとパナのR’FITチューブの組み合わせで、、1,250kgでした。
DSCN5446.jpg

今回のイーストンEC90 SLとリムテープ、タイヤがヴィットリアのコルサEVO CX-IIの組み合わせで、なんと845g!!
DSCN5449.jpg


まるでMTBのちょい重いタイヤ並みの重量です。。。
もちろん、クイックやエクステンションバルブなども全て込みの重量です。
つまり、フロントだけで400gの軽量化 になります。。


フロントだけ装着完了!  おおぉ、、かっちょええ!?
DSCN5450.jpg

リヤも同様にカセットも移植して、完成させます。
カセットはハメただけだとかなりグラついていたけど大丈夫なのか??
ロックリング締め付ければ固定されていて大丈夫なような気がしたけど。。
ホイールのハブ自体は、シマノ対応だけどデュラの7900か7800を使うこと!と、なってたのだがアルテや105のリヤカセットスプロケットでは本当にダメなのか???


ポンプは壊れてしまったので今回からこれを投入。
DSCN5455.jpg
DSCN5458.jpg

空気を10気圧ほどにして完成。
・・って、コルサって最高14気圧までみたいだが、、このポンプでもそこまで入れられないじゃん・・・。


ジャジャーーン!!!
DSCN5463.jpg




は・・・・・早く、走りたい。。。。




が・・・・・今朝は雨かよ。。。。   _| ̄|○






★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



f_02.gif

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

2009ホノルルセンチュリーライド 申し込み完了!! COLNAGO CLX

今年も 2009年ホノルルセンチュリーライド の時期がやってきました。 


今年の開催は、来月の9月27日(日)です。

↓以下、写真は2007年参加時のもの
66299.jpg



別に毎年行くワケじゃないのですが、今年はお嫁さんの両親と共に旅行でハワイに行くことになり、ついでに日程だけあわせて、、ホノルルセンチュリーライドに一人で参加することにしました。

なので、、、今回は大人4人の子供2人の合計、6名。
当然、センチュリーライド専用ツアーで全員申し込んでも意味ないですし、費用もバカにならないので、通常の普通のJTBのハワイ旅行のツアーで行くことにしました。




↓MTBで本格的にイベント参加など、走り始めた頃。本番当日、160kmゴール後。
SANY0301_01.jpg


ちなみに、ちまたにある ホノルルセンチュリーライドツアーの最大のメリット は次の通りですが、、、

・ツアーだと、自転車を無料でハワイまで飛行機で運んでくれる
 ⇒今回は自転車無料運搬サービスがあるから大丈夫

・出発前にミーティングや教室に参加可能
 ⇒要らない

・ホノルル空港からホテルまで自転車を無料で運んでくれる
 ⇒ツアー会社に頼めばなんとでもなるし、最悪、現地で大きいバンタクシーを呼べば大丈夫だし。

・有名人がツアーに同行して一緒に走れる
 ⇒・・大概のツアーは魅力ない。しいていえば鶴見辰吾さんとか今中さんとなら走ってみたい。 一昨年は同じトップツアーで今中さんと走ったけど、、ただそれだけ。それ以外ではちょっと寂しい。66367.jpg

・本番前に現地で練習会やツーリングライドに参加できる
 ⇒要らない

・前後に前夜祭や後夜祭が開かれてパーティ気分で楽しめる!
 ⇒色んな期待をして参加したが、一人だと寂しくて虚しいだけ。

・当日、スタート/ゴール地点にブースとメンテナンスサービスが受けられる
 ⇒メンテや修理、組み立ては自分でやるから必要なし

・ツアーによっては当日、ビデオ撮影や写真撮影をしてもらえる
 ⇒自分で撮影するから要らない

・ホテルの室内に、自転車を持ち込める
 ⇒多分、同じホテルにすれば同様の対応をしてもらえる


ということで、特段、メリットも見出せないので、、今回は普通のツアーにした次第です



ホノルルセンリューライドは主催が JALグループ (今年はさすがに日本航空は降りて関連会社がメインスポンサーのようですが)である為、当然飛行機だけはJAL指定です。
(なんせ、バイクを持っていかなければならないですし、他航空会社ではオーバーチャージでヘタすると数万円取られる可能性があるからです)

そして今年は幸い、JALが 自転車運搬サービスなるもの を設定してくれたので、バイクの空輸はそれを活用します。

さすがJAL様。 有難う御座います。

渡航の日付や飛行機の便名などのネット登録で、自転車をハワイまで飛行機で無料で運搬してくれるサービスです。
これは普通のツアーに行く者にとっては嬉しいサービス。



ホノルル空港からホテルまでは、ツアー会社に交渉してバスタイプのクルマを手配してもらい、それでプラス3千円ほどで輸送してくれることに。
これで現地ホテルまでの運搬は完璧です。


で、、、肝心の現地のホテルでの、室内への持ち込みですが、これは言わずもがな。
この時期はホテルの皆さん承知していることもありますし、なんせ、色々なホノルルセンチュリーライドのツアーが使っているホテルから選べば、チェックインでいきなり断られることは殆ど無いでしょう。

だって、別のツアー(専用ですが)のお客はホテルの室内に持ち込んでいるのですから。

ということで、ホテルは、持ち込み実績のある、 WAIKIKI BEACH MARRIOTT RESORT AND SPA (ワイキキ ビーチ マリオット リゾート & スパ ) に決定。

ビデオ/デジカメは前回同様に自分で撮影。 今年もプライベートDVD作成するかな。
自分が走っている写真はオールスポーツなど他力本願でOK。




なんとか、ツアーの組み立てが完了しました。

JTBにも申し込み完了!!

そして、一昨年は、事前ライド、本番ともMTBのキャノンデールF2000SLのスリックタイヤ仕様で出場しましたが、、、
66535.jpg


今年は、ロードでコルナゴCLXの出番です。
DSCN5385.jpg





といっても、、今年も走るのは一人。。。

どなたか、行かれる方いらっしゃいませんか?・・・


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

通販で買った部品が到着。 ロード用部品でハンドルとタイヤ類。

題名通り、ロード用の部品を購入。


・DIXNA(ディズナ) ジェイフィット・モア ハンドルバー(380mm)
・コルナゴ純正 コルクリボン(ホワイト)
・VELO ハンドルバージェル
・FIZIK バーテープ(アップルグリーン)
・VITTORIA CORSA EVO-CX-II チューブラータイヤ(700C-21c、245g)
・VITTORIA RALLY チューブラータイヤ(700C-21c、300g)
・VITTORIA バルブエクステンション
・ミヤタ TTP-1チューブラーリムテープ



ハンドルバーは是非、380mmにしてみたいと思っていた。
今はFSAの400mmアルミ。
少しだけ幅が広いような気がしていたのと、アナトミック形状だが下ハンを握るとブレーキ操作が非常にしにくい。
指が届きにくく、届いても細かな操作ができず指が攣りそうだったので、これの解消も兼ねて思い切って交換してみることにした。

380mmから選ぶならPAZZAZのカーボン巻き(最近見たら中にアルミがあった・・)も軽くて気に入っていたのだが、、日東のSTIも人気らしいので、同等品で安く、尚且つ色々と工夫もあるDIXNAブランドのコイツにした。
日本人向けのジェイフィットモデルのMOREです。
ディズナ ジェイフィット モア ハンドル ブラック/380mmディズナ ジェイフィット モア ハンドル ブラック/380mm
()
ディズナ

商品詳細を見る


ドロップハンドルの最大の特徴は、沢山のポジションが選択可能なこと。そんな特徴の中でもいかに全てのポジションにおいて体から近い位置でハンドルを握ることができるかを目指して作られたモデル。
ドロップハンドルでのポジションに違和感があったり、下を握ることがほとんど無いようなエントリーライダーや、女性、小柄なライダーにもぴったりのハンドルです。
ブレーキレバーまでの距離も非常に近くなるような設計となっており、レバーパッドからのタッチおよび下ハンポジションからのタッチも非常にスムーズにこなせます。
素材は軽量の2014ダブルバテッドチューブを採用。
ジェイフィット」という名前は、「ジャパニーズにフィットする」という開発コンセプトから命名されました。日東のSTIシリーズが、シマノのSTIレバーにフィットするということで、それまで海外ブランドにおされ気味だったシェアを回復しておりますが、ディズナはさらにディテールにこだわったつくりとなっております。


Dixna/ジェイフィット モア





ただ、素材が2014アルミなので剛性が高い故の振動が心配。
その為、一応、、バーテープの下に入れるジェルも買ったのだが。。
8handle_b_gel_straight_20090828154413.jpg




バーテープは白を使いたかったので、今と同じホワイトのコルナゴ純正の新品バーテープと、フレームとあわせたフィジークのグリーンの両方を買ってみた。
どちらか、あわせて気に入った方を巻く予定。
colnago_log.gif
CORK RIBBONCOLNAGO(コルナゴ)



新色登場!【F'IZI:K□フィジーク】 バーテープ Bar Tape

9bar_tape2_20090828154621.jpg


そして、タイヤ類。
そう、新しいホイール用にチューブラータイヤを買った。
レース用のコルサEVO CX-II
ビットリア CORSA EVO CX II 28インチ×21mm幅 オールブラックビットリア CORSA EVO CX II 28インチ×21mm幅 オールブラック
()
ビットリア

商品詳細を見る


と、パンク用に持ち運ぶラリー
vittoria(ビットリア) ラリーチューブラータイヤ ブラック 71798066vittoria(ビットリア) ラリーチューブラータイヤ ブラック 71798066
()
不明

商品詳細を見る
の2種類。

リムセメント(接着剤)は使わず、、、ミヤタのリムテープ(両面テープね)を購入したのでこれで装着する予定。

それから、タイヤと同時購入のバルブエクステンションは・・・・・・・・ 今度来るホイールがセミディープリムなのだ(^^



重量も今と比べてなんと、前後で600gは軽くなる予定。


ホイール届くの楽しみ楽しみ。(^^

もう日本に入ってきていて、、税関も通過中。
早ければ今日にも届く!?

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

先週の日曜はY's府中多摩川まで練習ついでに買い物 COLNAGO CLX

先週8月23日(日)は、、鹿児島から帰ってきて輪行後のバイクの調子がどうなのか、それから増え過ぎた体重を減らすべく、Y’sまでLSDを兼ねて、買い物を。
DSCN5381.jpg



体重がここ最近でベストから2~3kgほども重くなっているので、これは多摩サイを走らねば。。
DSCN5383.jpg


で、アベ30km/h以上でいきなり府中のY’sに到着。
DSCN5389.jpg

そして、、


サドルを買ってしまいました。

ボントレガーのINFORM RXL です。 ¥22,000円也。
DSCN5386.jpg


イタリアンバイクのコルナゴに、、アメリカの(しかもトレックの)ボントレガー!? なんて言わないで下さい。。。(恥


だってMAMBAの標準で付いてきたボントレガーのR サドルが意外にも座り心地がよく、、ボントレガーの新しく出たインフォームシリーズを試してみたかったのです。


今、付いているSMPのグライダーも据わり心地がよく、バケットシートのようなハマる形状からしてお尻の「据わり」も非常にいいのですが、、

反面、その特殊な形状故に、ヒルクライムなどでサドルの前に乗ることができず、また、100kmとか長距離で疲れた際に、ちょっと座る位置をズラしてお尻の当り位置を変えるとか体勢を変えるというのがイマイチしっくり(自由に)できません。。 前後に有効に使えないんですよね。。。


ということで、、更に更に、もっとイイサドルがないものか、と思っていた次第です。

こういうの、待てない性なので早速、店頭で付け替えてみます。(笑

DSCN5384.jpg


ちなみに インフォームRXLは、インフォームシリーズの最上級モデルで、レールは中空チタンの重量が200g(Mサイズ、143mm)の軽量なものです。
名前の通り、人間工学に基づいて形状や硬さの違うZone Densityフォームクッションを部分的に使い分けた、SMPやスペシャのBGのような科学的な根拠に基づいた最新サドルです。

サドルサイザーで調べ、坐骨の幅に合わせたら143mmと出ました。
でももう少し大きいのでもいいのかも?。




そして、もう一つ買ったのがツール缶。
ロードだとポンプや工具を持つのがしんどいので、一度使ってみたかった。
ボトルが一つ犠牲になりますが、トライアスロンよろしくサドルの後ろに乗せるのもイイかも。(笑
DSCN5387.jpg
サドルバッグの工具と、ジャージのポケットに挿していたバルビエリのポンプが入りました。



そして、最後がコレ。(笑
DSCN5396.jpg
わかりますか? ハンドルバーの先端が赤く光っているでしょ??
これ、LEDで点滅しています。
DSCN5400.jpg

TREKブランド(デカデカとTREKと書いてある)では売っていたのは知っていたのですが、
他ブランドとしてDIXNA(ディズナ)でもありました。
ディズナのドロップエンドライトです。 (¥1,700~¥1,900ほど)
そして、新型になって登場したので早速、購入!
ディズナ ドロップエンドライトディズナ ドロップエンドライト
()
ディズナ

商品詳細を見る


よくシートポストへの後方ライト取付がありますが、コルナゴCLXはそのフレーム形状から専用のウイング形状のエアロカーボンシートポストのため、通常の丸断面のシートポストのようにブラケットを介した後方ライトがシートポストに直接付けられません。

コイツだとサドルバッグに取り付けなくとも大丈夫ですし、ハンドル内のデッドスペースにスマートに装着できて、走行中でも点滅/点灯/消灯操作が可能です。
もちろん横の小窓からも発光するので、左右に対しても被視認性が上がります。
dropendlight-01_20090828134700.gif



さて、帰りにちょくちょく止まってサドルを調整したりしましたが、やはりRXLは少し腰のあるクッションのようで硬く感じます。
まだビシッと決まりませんが、、、プロロゴのように僅か数キロで「ダメ!」というようなサドルではないようです。
ということで、調整しながらポジション出ししながら帰宅しました。
DSCN5392.jpg



帰宅後、子供と髪を切りに、そのまま、また多摩サイを走って川崎市多摩区まで行きます。

DSCN5402.jpg

夜に帰宅。
ドロップエンドライト、最高です。 足からバイクまで赤く浮かび上がらせてくれるので、目立ちます。
DSCN5405.jpg



今日の走行記録
走行距離:約45km

テキト~ww


サドルはまだまだ距離を走らないとわかりません。。。

ロングを走りたい。 吉とでるか凶とでるか・・・・・・・ホノルルまで時間もありません。





★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



f_02.gif

人気ブログランキングへ



テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

鹿児島市内から陸回りで大隅半島を経由して、桜島へ ライド   COLNAGO CLX

さてさて、、先回、実家から桜島にフェリーで渡り、桜島一周をしたが、、折角、バイクを持ってきているのに、もう一っ走りしたかった。

適度にロングライドで先回と違うルートで知っている道路と思えたのが、陸回りで大隅半島を経由して、桜島に行くこと。


つまり、

WS000002_003.jpg

大体こんなルートになります。(線は適当に引いた線ですのであしからず)


小さい頃から、たまに桜島から陸回りで帰ってきたことがありました。
狭い道も多く、国道10号は交通量も多いので少々走り難いことが予想されますが、思い立ったが吉日。
このチャンスに走ってみるしかありません。

丁度、弟と父の墓に灯篭も灯さなきゃいけない用事もあったので、夕方合流することも考慮し、、、

ってことで、佐多岬や指宿、枕崎にまたいつかの楽しみに取っておいて、、
8月14日の今日は、 錦江湾の内側をグルリ一人旅とすることに決定。



DSCN5236.jpg

出発前にメンテを。
今回は整備に余念がありません。
DSCN5240.jpg

切れ掛けたチェーンは、先日、茶輪子さんで78系のデュラ10速チェーンに交換済みです。
もち、ロード専用のフィニッシュラインのワックスルブリカントを塗っておきます。
ドライ系なので、ベタベタして灰が付着しにくくなるのに効果があると思われます。
DSCN5239.jpg
DSCN5238.jpg
DSCN5237.jpg



さて、、 いよいよ出発です!

今日は適度にイイ天気です、暑いに変わりありませんが、幾分日差しは先日より柔らかい。

DSCN5261.jpg


今回は、10号線に出るために、、坂元まで上ります。
DSCN5259.jpg


そして、一気に上竜尾町方面へ降ります。
DSCN5264.jpg
桜島もキレイです。
DSCN5263.jpg



そして、最初の難関!??
稲荷町から磯庭園に行くための、トンネルをくぐります。
DSCN5265.jpg

大渋滞です。
DSCN5266.jpg

当然、道路側はめっちゃ狭くて危ないので、歩道側を通りますが、一人分のスペースしかなく、自転車を押すことさえできないので、担いでトンネルを走破します。。
壁に肩が擦れようものなら、真っ黒になります。。。(泣
DSCN5267.jpg


なんとか、トンネルを抜け、、、磯へ到着。
DSCN5269.jpg

これまた事故渋滞のようです。。
DSCN5270.jpg


やっとこさ、磯庭園へ。
DSCN5271.jpg

どうやら事故渋滞のようでした。
1台のクルマが対向の3台とぶつかった模様で、通行止め。
DSCN5272.jpg

・・・・てことは、自転車は通れるので、これで後ろからクルマが来る事が無いという好条件。(^^
この隙に、空いた10号線をぶっ飛ばします。
DSCN5273.jpg


一気に重富まで来ました。
DSCN5275.jpg

さて、ここで、母の方のおじいさんの納骨堂へ行き、お参りと線香をあげてきました。
DSCN5274.jpg

そこから、バイパスへ出ます。
DSCN5276.jpg

交差点を右折して、姶良まで来ると、丁度バイパス沿いのおばあさんの家があるので立ち寄り。
DSCN5278.jpg

しかし、相変わらず、ばあちゃんは話が長い

急いでいるというのに、陸回りで桜島まで行くと聞いたら(まぁ、突然の訪問だったワケだが)、長話になってしまった。
おまけにサイダーだの、麦茶なのを出されてガブガブ飲み、、、、、最後にゃ、、写真の通り、キャラメルを沢山袋に入れて持たされ、、「ハンドルにくくりつけて行け」 と・・・・・・。
DSCN5277.jpg


もちろんお別れしてから、、すぐにキャラメルだけ取り出し、ジャージのポケットにパンパンに詰め込んだのは言うまでも無い。


さて、、姶良で小一時間も費やし、バイパスを飛ばして帖佐入り。
DSCN5280.jpg


加治木で旧道に入ると、、おやおや、
DSCN5281.jpg

椋鳩十文学記念館ではないですか。
DSCN5282.jpg

DSCN5291.jpg
DSCN5287.jpg
DSCN5284.jpg


一生懸命 今を 生きる  :椋鳩十

DSCN5289.jpg

え?、  椋鳩十先生って人、、知りません??




加治木を過ぎ、隼人方面へ。
ここはバイパスでなく、海側から山を越える。
DSCN5292.jpg



そして、峠を越えると、遂に霧島市へ突入。

DSCN5293.jpg



しばらく行くと、霧島神宮への分かれ道があります。
霧島や宮崎の県境も標高が高くて面白そうですけどね~。
DSCN5294.jpg


さてさて、、もう桜島があんなに離れてしまいました。。。
DSCN5295.jpg


しかも少々天気が悪くなってきました。。 ヤバイかも。
DSCN5296.jpg

右へ、右へ。
国分からは、、グルッと垂水方面へ進みます。
DSCN5297.jpg


丁度、福山の山に登っている最中に、、、ポツポツと・・・・
DSCN5300.jpg


そして、突然の大雨。

やむなく、木の下で雨宿りします。。
DSCN5301.jpg


しばらくして、やっと小ぶりになったので、峠を下ることにしました。
桜島が見えてきて、、向こうは少し日が差しているようです。。  良かった。。
DSCN5302.jpg

天気は持ち直しそうですね~、、キレイに桜島が見えてきて、、、
DSCN5304.jpg


ん?・・・




桜島が爆発してるじゃないか・・・・・・・・・ Σ(゚д゚|||)

DSCN5305.jpg




て、ことは、今度は大雨ならぬ、、大灰(?)が予想されます。

やばいですね~、、、風向きはどっちなんでしょ??
DSCN5306.jpg


そんなことを考えている間に、垂水市突入です。
DSCN5307.jpg



皆様、ご存知でしょうか?

ここが、あの 「 森伊蔵酒造 」 さんです。

DSCN5308.jpg

幻の焼酎と言われている(た?) 森伊蔵 ですね~
森伊蔵


今でも手に入りにくいのは事実ですね。

丁度、引き返して写真写す前に「のれん」を降ろされちゃいましたが。。。。。。
DSCN5309.jpg



そんなことより、、、進めば進むほど、、ヤバイです
 灰 がこちらに向かってきています。
DSCN5310.jpg

襲われそうです! どうやら風向きはこっちみたいです!!

もちろん、ダッシュ!

なんとか回避運動を取らなくては!
DSCN5312.jpg


向こうまで行けば、、どうやら晴れ間が見えます。
あそこまで灰が落下してくるまでに辿り着けるのか!??
DSCN5311.jpg
灰の塊の下をくぐりながら、、、

もうすぐ垂水の道の駅です。
DSCN5314.jpg

幸い、真横を風に乗った灰が通り過ぎていきます。。。。。
DSCN5318.jpg
助かった模様。。。


ここで、垂水の道の駅で、補給も兼ねて休憩をすることに。

なんというコントラストでしょう。
右は暗く風に乗った灰で、桜島から吹き上げています。
DSCN5321.jpg
DSCN5323.jpg


そう、ここは大隅半島で丁度、鹿児島市内から見た桜島の裏側にあたる部分です。
そこの新しくできた、垂水の道の駅。
DSCN5328.jpg
DSCN5329.jpg

ここは足湯があります。
DSCN5324.jpg
DSCN5325.jpg

撮影していたのと、弟からの電話が入り、思わず足湯に入るのを忘れてしまいました。。。
DSCN5326.jpg

ドリンクも補給です。自動販売機でこんなの飲んじゃいました。
DSCN5327.jpg


ぐふふ、ハイオク満タンです。。

もうここは、桜島への接続部のすぐ近く。
しばし休んだあと、いよいよ桜島へ。


この橋が、桜島との掛け橋です。(陸では繋がっているが溶岩地帯なので橋がかけられました)
DSCN5330.jpg


片側2車線の結構、広い橋です。
DSCN5331.jpg

今では桜島は鹿児島市に編入しているので、、ここが、鹿児島市と垂水市の境です。(右の暗いのは灰です。 )
DSCN5334.jpg


下は海で漁船が見えます。 その向こうが地続きの場所ですね。
DSCN5333.jpg


いよいよ、桜島上陸!!!!
DSCN5335.jpg


時計回りで、袴腰 横山を目指します。

ちなみに、、、地続きはこんなんなってます。
DSCN5337.jpg



ぐんぐん進んで入り江など。  ここからフェリーターミナルまではもう半分しかないので近いはずです。せいぜい15kmぐらいでしょうね。
DSCN5338.jpg


先日、日射病でノロノロだったので、撮影する間もなく、ぶっ飛ばします。
DSCN5339.jpg

あと5kmほどです。
溶岩道路を飛ばし、、、、、
DSCN5341.jpg


結局、ここまで到達、桜島 赤水町
もう一つ紹介するトコ忘れてました。
DSCN5344.jpg


そう、「叫びの肖像」 です。

DSCN5342.jpg


「 オウオウオウ、オオオオゥ!・・・ 」  <これまた意味不明な叫びw

2004年8月、長渕剛のオールナイトコンサートがここ、赤水町採石場跡地で開催され、7万5000人の観客で盛り上がった。それを記念して建てられたモニュメントです。
DSCN5346.jpg

鹿児島人なら知ってますよね。
DSCN5347.jpg

広場から見た錦江湾。
なんというキレイな景色でしょう。

DSCN5345.jpg


そこからほどなく、、烏島展望所があり、、そこを過ぎると袴腰。
DSCN5348.jpg

ゴール地点の桜島フェリー乗り場まで到着です~~。
DSCN5349.jpg
桜島頂上は今日も見えませんでした。
DSCN5357.jpg



最後は先日も行った、父の納骨堂で弟夫妻と落ち合いました。
その後、弟のランクル100にバイクを積み、、、フェリーで一緒に帰宅です。
DSCN5358.jpg



今日の記録は、、

総走行距離:79.22km(実際はまたサイコンの調子で80~90kmぐらいか?)
実走行時間:3時間9分(休憩の時間が多いな(笑 )
平均速度:25km/h
平均心拍:168bpm
平均ケイデンス:70rpm
最高速度:53km/h
最高心拍:194bpm
消費カロリー:1,734kcal

でした。

いやはや、一度、バイクで走っていってみたいというのが叶って良かったです。
距離も適度にありましたし。(風景は寂しいが)

今回の帰省は、、桜島を基点に色々とチャレンジできて嬉しかった。

桜島一周やポタリングとの合計で、鹿児島を約140kmは走ったことになります。

大満足!!

また、鹿児島に帰るときにはバイクも持ってきたいなぁ~






★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



f_02.gif

人気ブログランキングへ







テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

鹿児島県 櫻島1周紀行 ロードバイク コルナゴCLXにて(桜島編~2~)

鹿児島県 櫻島1周紀行 ロードバイク コルナゴCLXにて(桜島編~1~)からの続きです。



さて、桜島で十分休んだ後、鹿児島市内に向けて、フェリーに飛び乗ります

目的は鹿児島市内でチェーンを買って交換すること!です。
DSCN5137.jpg
DSCN5136.jpg
DSCN5138.jpg


乗船完了! これで桜島から離れます。
DSCN5141.jpg

随分日が落ちてきました。
DSCN5142.jpg

じゃんじゃか、クルマが乗ってきます。
DSCN5143.jpg
出航!!
DSCN5148.jpg


同じようにオートバイクやチャリがいるようです。
DSCN5152_01.jpg
DSCN5151.jpg


さて、桜島フェリーと言えば、、、、、

そう。


DSCN5144.jpg

やぶ金 です。

3階に上がり、やぶ金のうどん/そばを食べるのです。
DSCN5145.jpg

なぜか、昔から食べています。
よく親父と熱いうどんを急いで食べていました。 なんせ15分で着いちゃいますから(笑
昔からの味でうまいです。

これは食べなければなりません。
めっちゃ熱いのに15分中、実際に食べられる時間は僅か。
このドキドキな「かきこみ感」が堪りません。 <意味不明


タイタニックな二人を見ながら、急いで汗かいて食べます。
DSCN5147.jpg

ちなみに、客室はこんな感じですね。
DSCN5149.jpg


そうこうしているうちに鹿児島港へ到着です。
DSCN5150.jpg

無事、降りました。桜島フェリーターミナルを見たところ。
DSCN5153.jpg

さて、これで桜島一周は終わりましたが、、、、  新しい使命です。

デュラの10速チェーンをこれから探さなければなりません。


鹿児島の自転車屋というと、(有)瀬戸口近代車 がありますが、、あそこは鹿児島市内ではなく、国分です。
今から向かうのはちょっと無理があります。
昨年?一昨年か、何回か実はクルマで行ったことあります。
手持ちのキャノンデールのディバックはここで買ったんですね~(^^v

しかし、、鹿児島市内というと、、高校の頃行ってたチャリ屋はただの自転車なのでデュラはもちろん、スポーツ車なんて置いてるワケがありません。
そういえば、国道10号線に大きな3階建の自転車がありました。
2階か3階にスポーツ車らしきものが見えた気がしますので、取り敢えず、そちらへ向かってみることにします。

ドルフィンポートを通り、天文館方面へ。
DSCN5154.jpg
DSCN5156.jpg


およよ、いづろ通りまで来てしまいました。

少し戻って山形屋の前を通り、一周しなくてはいけません。(^^; <聖地巡礼?w
DSCN5159.jpg
DSCN5158.jpg

丁度、道路のど真ん中を電車が通りました。
他地方で言う、、ただの路面電車です。
DSCN5160.jpg

鹿児島に居た頃は、路面電車のことを「電車」、日豊本線の電車のことを、「汽車」と言っていました。
東京に来て、そうでないことを知り、カルチャーショックでした。(笑


じゃじゃん、山形屋に到着しました。
・・が、大きいので道路の反対側でないと写りません。。
DSCN5163.jpg
ここが本館の入り口。
DSCN5165.jpg
ここが本館の端っこの方。
DSCN5166.jpg
2号館や3号館などもありますよ~。
宝暦元年(1751年)創業の鹿児島を代表する百貨店です。
両親もココで働いており、日夜、子供の頃からここで遊んでおりました。
当然、中5階のおもちゃ売り場です。 
当時から売り場のガンプラコンテストとかに出品してましたね。(笑
飯島真理のカセットも始めて電化製品売り場で買いましたし、マイコン(マイクロコンピューターで個人、ホーム用になったコンピューターのこと。パソコン/パーソナルコンピューターは後の名前)売り場で初めて中学校の頃、自分専用のNECのPC-6601mk?を買ってもらいました。 3.5インチフロッピーとの出会いもココです。
6001やIBMのJX?は手に入らなかったので待ちましたよ。
大学に出るまで、、当然、ここに就職するもんだと思ってはいましたが・・・・・。

さて、そんなことを考えている間にも、チェーンが切れそうです


山形屋をグルッと周り、、メンズBIGIビル(今は違いますよ)まで来ました。
ここのビル・・・
DSCN5167.jpg
マイコンを始めた頃、ゲームソフトのレンタルやコピー品、改造ソフト屋入ってて、入り浸ってましたよ。
DSCN5169.jpg
マイコンとはこんな世界ですよ。
マイコンBASICマガジン、略してベーマガ読み漁って、プログラムを夜中まで打ち込んで、カセットに録音していたのもこの頃。
昔は良かったなぁ




気を取り戻して、、、、、中央公園を右手に見て、
左折します。(10号線と平行して走る道路)
DSCN5172.jpg

しばらく行くと、ザビエル公園です。
DSCN5173.jpg
DSCN5174.jpg
今から50年近く前、ザビエル上陸400周年を記念して鹿児島市が作った公園ですね。
ご存知の通り、キリスト教伝来の地です。
DSCN5176.jpg
DSCN5179.jpg

ザビ家の、、いや、ザビエル祭りというのが開かれていました。
DSCN5180.jpg

もう少しで千石馬場で、国道3号線へ出られます。
DSCN5181.jpg

平田橋からすぐに、、ありました。  じてんしゃのトミハラです。
DSCN5182.jpg

おねぇちゃん二人のチャリの修理をしている店員さんに、デュラ10速のチェーンを置いていないか尋ねると、やはり無いという・・・・・。

近くにデュラを置いてそうな店がないか、尋ねると、意外と近くにあるらしく、道を教えてもらって直行した。

3号線をひたらすら、鹿児島大学方面へ。
途中、ファンライドという店があるも今回はスルー。
教えてもらった、そしてネットでも聞いたことのある自転車屋、「茶輪子」さんに行くことに。

もう随分、日が落ちてきています。
早くしなければ暗くなってしまいます。
DSCN5184.jpg

鹿児島大学の正門前で、左折。
DSCN5195.jpg
DSCN5197.jpg


やっとこさ、到着!!!! 
鹿大前のお店、「サイクルショップ 茶輪子」さんです。
DSCN5190.jpg


これですよ~、この雰囲気ですよ~、待ってたの。
デュラ10速のチェーンがあるかというと、「在庫がある」、という。 助かった(泣。。 (;_;
DSCN5193.jpg

さすが、鹿児島市内で唯一の、スポーツサイクル専門店です。(笑
DSCN5194.jpg

早速、チェーン交換までお願いします。

おや?、そこにあるのは、PRINCEではないですか、鹿児島で見るとは。

しかも! 7900電動デュラフルコンポぢゃないですかっ!!!

どうやら試乗車とのことで、奥様??のススメられて、試乗させてくれることに。
いやはや、試乗車は仕様が異なるが、、ピナレロプリンス電動デュラフルコンポの最新の新車完成車(ピナレロ プリンス+カーボンDi2 限定)だと、確か150万円です。 (^^;;

緊急で立ち寄った県外のロード乗りを試乗させてくれるとはイイ店だ。

しかし、プリンス。
ガッチリしている・・・・・・。スピード出してないのでわからないが、硬いというか、ガッチリドッシリである。
スゴイ。 何かわからんがこの感覚はスゴイ。
コルナゴCLXとは明らかにそして大きく違う。

長距離を凡人が乗れば脚力も負けて、硬いと思うに違いないが。。。

そして電動コンポも面白い。
フロントなんか、一瞬でウィィンと変速が終了する。
リヤなんかパシパシと言ってもイイぐらい変速が決まる。


え~な~、、、電動デュラ。。。。。
DSCN5187.jpg
DSCN5188.jpg


記念写真。
DSCN5186.jpg


さて、店主やお客さんらと色々世間話をした後、我がCOLNAGO CLXの整備も完了。
料金も覚えてないが、リーズナブルだった。(確か交換作業まで入れても3千円台だった)
DSCN5189.jpg

このお店は市内でCOLNAGOを唯一扱っている店でもあり、助かった。
安心だね、また今度来よう。

鹿児島県内の方も是非訊ねてみてほしい。(^^v


さて、名残惜しいがお別れして、、暗くなるので実家へ急ぐ。
DSCN5198.jpg

鹿児島の渋滞です。 僅か数百メーターのことですが、これを渋滞と呼びます。
DSCN5199.jpg
ひどいときには、1~2kmぐらいの渋滞が発生します(笑


最初に立ち寄ったトミハラさんです。こう見るとかなり大きくて何でもありそうなのですが。。
DSCN5201.jpg

国道3号線を移動。
DSCN5202.jpg


この国道の横に家を1軒挟んで、甲突川が流れています。
その川沿いが自転車通行帯でもあるワケで、、この橋、原良橋からもわかります。
ちなみに、あのヤマダ電機が、我が高校があった場所で、現在は移転しています。
DSCN5204.jpg

ここまで、チャリ通してたワケです。
国道に平行してはしっているので、その通学路の歩行者/自転車道路を飛ばします。
DSCN5205.jpg


途中でまた国道に出ます。
あの正面のお店が高校時代のチャリのピット代わりでした。
DSCN5206.jpg

この信号を右折し、、
DSCN5208.jpg

道路を渡ると、そこは、、、
DSCN5211.jpg


福地模型店です。


DSCN5212.jpg

小さい頃からここに通い詰めでした。
ガンプラからトイガン、サバイバルゲームに至るまで、山形屋以外だと基本的にはこの店で取り揃えておりました。
DSCN5213.jpg
つまり、幼少期から鹿児島を離れるまでのホビーライフの原点の地ですな。

最近、店のオヤジは、ラジコンサーキットまで手を出して、、今だにあのトヨタ2000GTをレストアして持っているらしい。


このご時世、あの店で儲かっているのか!???


そんなことより、、本格的に暗くなってきました。
こんなに時間が掛かるとは思っておらず、ライトも何も持ってきていません。 ヤバイです。
DSCN5216.jpg


やっと最後の難関が現れました。
DSCN5217.jpg
急勾配な少し長い上りです。
DSCN5219.jpg

降りてきて、町内へ到着。
無事実家まで帰ってきました。
DSCN5221.jpg






桜島一周の記録(但し、サイコンが10kmは止まっていたはず)
・総走行距離:36km
・実走行時間:2時間2分
・平均速度:17.8km/h
・平均心拍:161bpm
・最高速度:59km/h
・最大心拍数:199bpm
・消費カロリー:1070kcal

ってことで、全く参考にならない記録でした(笑

ちなみに、桜島の集会道路を純粋に1周すると、公式には36kmとなっています。
ということで今回の距離は大体約46Km~50kmぐらいの走行でしょうか。

しかし、最近サイコンがリヤのセンサーの電波を捉えきれない場合があります。
大体がストップして自転車を離れたり、一定時間止まっていた場合です。
フロントの電池が少ないのかな?




では、次の鹿児島紀行へ。(更新がなかなかできず、すみません。。。)







★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



f_02.gif

人気ブログランキングへ



テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

鹿児島県 櫻島1周紀行 ロードバイク コルナゴCLXにて(桜島編~1~)

 
さてさて、今年の夏季連休も鹿児島へ帰省しました。


今回の帰省は、父の初盆と1年祭を兼ねての帰省となります。
DSCN4906_01.jpg


・・・でも、いつもと違うのは、ロードを手荷物として飛行機で持ってきたこと。
DSCN4905のコピー
国内線なので普通に輪行バッグに前後ホイールをバラして入れて、ダンボールと大きめのバスタオルで包んだだけの状態です。
これで手荷物としてカウンターで預けられます。
一応、航空会社の手荷物の最大サイズが決まっているのでそれを確認すること。

因みに私はJALです。
壊れても損害請求しない、という紙にサインさせられますが、こちらも「上に荷物とか載せないですよね?、簡単に壊れちゃいますから」とお姉さんに脅しをかけておきます。
もち、天地の指示とコンベアーに載せないでとも伝えます。

そうすると、無事到着地で犬などと一緒に手荷物カウンターで受け取れるってワケです。
幸い、傷も付いていませんでしたが、結構左右に入れていたホイールが押された形跡はありました。


輪行までした目的は、私の本籍地でもあり、父が生まれ育った場所でもある桜島を一周しようという一夏の計画です。




到着した翌日の8月10日(月)、早速、鹿児島市内の実家からスタートすることにしました。
鹿児島_001


まずは実家から麑城(げいじょう)に上って冷水町を抜け、
DSCN4909.jpg

冷水街道で長田町まで一気に下ります。
幼稚園年少までここの近くのKU幼稚園に通ってました。 長田町に山形屋の社宅があったのでそこに住んでましたけどね。
DSCN4910.jpg


そして桜島桟橋へ。
DSCN4911.jpg


フェリー乗り場まで来ました。
DSCN4915.jpg


ここがフェリー乗り場です。
意外と近代的でしょ?(笑
DSCN4916.jpg
DSCN4917.jpg

なんだかジャージが大きいせいもあって、、太ったな。。。。
DSCN4918.jpg

こちらがターミナル。
DSCN4921.jpg

誘導のおっちゃんに、自転車はどこで待てばいいのか、尋ねます。
DSCN4922.jpg

次のフェリーで、ここで順番待ちのようですので、バイクと一緒に待ちます。
DSCN4923.jpg

今回は、ステム位置を10mm下げてきました。 バー角度も少しだけ調整してブレーキを握りやすく。

DSCN4925.jpg
DSCN4924.jpg
DSCN4926.jpg


そうこうしているうちに、桜島フェリーが到着です。
一階と二階からクルマが降りてきます。
DSCN4930.jpg


全車降りたのを見計らって、係りのおっちゃんが先に入れてくれます。
もちろん、自転車を降りて、押しながら乗船です。
DSCN4931.jpg

乗船して港側を見たところ。
DSCN4933.jpg


反対側は、かごしま水族館です。
DSCN4935.jpg
DSCN4943.jpg


DSCN4936.jpg
DSCN4938.jpg
目指すは桜島。
DSCN4939.jpg

バイクはこのように適当に壁に立てかけます。
DSCN4949.jpg


いよいよ出港。
DSCN4948.jpg
DSCN4946.jpg

潮風を受けて、、、。
いつも子供の頃、「う~み~は~ひろい~な、大きいな~♪」と歌っておりました。
DSCN4955.jpg



・・・今ではいいオッチャンです。。(爆


そして、すぐに着くんですけどね。(笑
せいぜい15分でしょうか?
DSCN4960.jpg
こちらが桜島の玄関となるフェリーターミナルです。
DSCN4963.jpg


いよいよ着岸。
DSCN4964.jpg

前方のゲートが開きます。
DSCN4965.jpg


グイ~ンとハッチオープン。

海ということで、、「エントリィィーーー!」か、
     「アクラン・ザラ、ジャスティス 出る!」状態です。


さてさて、押しながら上陸しますよ~~
DSCN4966.jpg

出てからすぐに料金所です。
ここで乗船料金を払います。
DSCN4968.jpg

自転車は100円で大人150円なので、合計250円です。
DSCN4967.jpg


あちらがフェリーが着くとこ。
DSCN4969.jpg

そして料金所のすぐ横が、海水浴場になっています。
もう桜島でも数少ないビーチですね。 周りが基本、溶岩なので(笑
DSCN4972.jpg

そして温泉や休憩所。
DSCN4973.jpg

直進すると、道路に出る前に看板が出てきます。 
DSCN4974.jpg

ターミナルに戻るのは左ですが、今回の桜島一周は直進です。
DSCN4975.jpg
つまり、左に行けば時計回り。 直進が反時計回りで一周することになります。(右は大きく膨らんで数キロで反時計回りコースに合流) 

すぐに一般道である、袴腰の交差点となります。
DSCN4977.jpg

ここからがスタートというべきでしょうか?

左を見ると月読神社があります。

実家でお世話になっている神社です。今年の初盆と一年祭も自宅にお招きします。
DSCN4978.jpg

桜島の頂上は見えないですね。。

しかし、今日は暑いです。
東京と違ってカラッとした暑さなのですが、ここ桜島は更に灰が積もっていますので熱くなった灰が下から放射熱を出します。
活火山ですからね。
DSCN4976.jpg


さてさて、いよいよスタートします。


まずはこのまま直進で溶岩道路を進みます。
DSCN4981.jpg

天気は最高です。

桜島にはこういった川みたいな建造物がいくつもあります。
でも水は流れていません
DSCN4983.jpg

ここは 溶岩が流れる場所 です。
もちろん、、普段流れているワケではなく、万が一のためのものですが。。(^^;;


それにしても天気がいい。

DSCN4980.jpg


・・・・・・・・良すぎ、、ないか?。。。 (^^;;;

それにしても暑過ぎる。。 



そして先日の富士山1周の時から相変わらず 変速の調子が悪い

DSCN4982.jpg


どうにもこうにも、調子悪いのです。

ペダリングするたびに、リヤディレイラーがカチャン・・・・カチャンと変速しそうなのです。
いや、厳密にはパワー掛けたりしたときに、ガチャンと一速上がってしまい、ペダリングもガクッと軽くなってしまい、すぐに戻ります。。

厄介です。。(泣  更にひどくなってきました。

これが走行しながらシフターのワイヤー調整をいくらやっても直りません。
もちろん自宅でリヤディレイラーの調整をやりましたが直りません。

大正溶岩地帯を過ぎ、、
さすがに止まって、もう一度調整をしてみます。
DSCN4984.jpg



う~ん。。



DSCN4985.jpg





ん?・・・・





DSCN4986のコピー



ガ━━(゚Д゚;||)━━ン!!!


チェーンが切れかけとる やないかっ!!!

DSCN4987.jpg

おいおい、こんなとこまできてシャレにならないぞい。。

手で戻そうとしてみても硬くて戻りません。 曲がりません。。。
何か硬いものが落ちてないかと辺りを探しますが、ここは桜島。
灰しか落ちてません。。一面灰だらけです。
DSCN4990.jpg

唯一落ちていた、飴の袋を使って、溶岩と溶岩で挟んで修正します。

か、、かてぇ・・・・・

なんとかここまで戻しました。

DSCN4991.jpg

しかし、通常は工具を使って圧入するピンが、、この場で手の力で再度プレートをピンへ入れることなんかできるワケありません。

よってこのレベルで終わりです。
もちろんチェーンピンは片側のプレートのみで止まっており、チェーンリングにかかるものなら、隙間が広がって歯が落ち、今までのガチャンという歯飛びみたいな状況になります。

結局症状は変わりません。

DSCN4992.jpg


しかも下を向いて作業していた為、上からと下からの熱で、吐き気がしてきました。。

しばし休憩します。

振り向くとまだ海の向こうの市内の町並みが見えます。

このまま、もと来た道を戻るか・・・、、
DSCN4993.jpg

・・・先に進むか、です。
DSCN4994.jpg


修理できたワケではないので、悩みどころです。
まだ、スタートして数キロ地点です。

しかし、ここで戻ると何の為に鹿児島にバイクを持ってきたのかわかりません。


あと30kmちょっと、、持つかどうか「賭け」にでることにしました。
富士山もこの状態で走ったのでもう少し持つかもしれません。<楽観的w


しかし、、あまりの暑さに朦朧としてきました。。
息遣いも荒く、水を飲みまくります。


休んでいても日陰もなく暑いので、再スタートです。


少し行くと、桜島合同庁舎がありますので通過します。
DSCN4995.jpg
DSCN4996.jpg



続いて、古里町に入り、林 芙美子文学碑古里公園が見えてきます。
DSCN4997.jpg

朦朧としているので、、寄り道しません。。
DSCN4998.jpg


そうそう、桜島には、至る所に、こういった 防空壕 があります。

DSCN4999.jpg

正確には、防空壕ではなく、噴火した溶岩や岩の落下から避難するための、避難場所です。

あなどることなかれ、過去には私がまだ鹿児島に居た頃の1986年(昭和61年)11月23日には、この古里町にあるホテルに、直径約2m、重量約5トンの噴石が落下し建物の屋根と床を突き破って、宿泊客と従業員の合わせて6名が負傷しています。
よく写真でも見たものだ。

対岸の鹿児島市内でもクルマのフロントガラスが割れるぐらいのことはあります。

この辺りも同じように、火砕流や土石流を優先的に流すための措置が取られています。
DSCN5000.jpg

第1古里川の砂防工事現場でも土石流の発生で作業員の方が亡くなられたり行方不明になっています。
私がいた高校生の頃の1980年代までが一番噴火がピークでした。
日常的に鹿児島市内でも灰がザーザー降っていましたから。。 火山雷もありますし、噴火の音でガラスがいつもビリビリしてましたしね。


さてさて、、しかし暑いです。。
気持ち悪いです。。

DSCN5001.jpg

しばらく行くと、、、噴火していた灰が舞っています。
昨日も噴火したようで、、ちょうど風向きから垂水方面、これから行く方向に降ったと思われます。
DSCN5002.jpg
DSCN5003.jpg

まるで突然、死の町になった「ようですね(笑
DSCN5004.jpg
DSCN5005.jpg


でもこんな様相。

鹿児島市内でも普通でしたから~  、、、  残念! (爆


慣れっこです。。


ちょい進むといよいよ大隈半島との接続部が見えてきます。
ここは、1914年(大正3年)の大噴火で、それまで海峡(距離最大400m最深部100m)で隔てられていた桜島と大隅半島とが陸続きになった場所になります。

昔は島だったのに、繋がってしまったんですね~。。
その時の噴出物は、約32億t、東京ドーム約1,600個分もでたのです。
海峡の海水の温度は49℃まで達したとか。

DSCN5006.jpg
DSCN5007.jpg


ここが 大隈半島との分岐点です。

いやはや灰が舞ってますなぁ~。。

DSCN5009.jpg

垂水からクルマがくると、このように灰が舞い上がってるのがわかります。 (^^;;

DSCN5010.jpg

DSCN5012.jpg

うへぇ、、突っ切るしかない。。DSCN5013.jpg



しばらく行くと、灰はそんなに積もっていません。 ラッキーです。
桜島の半分を通過し、いよいよ黒神方面へ。
DSCN5014.jpg


この辺から斜度のある山岳地帯へ入ります。(別にヒルクラってワケじゃないけど)
大した斜度や距離ではないのですが、、、、この暑さと灰で死にそうです。。

半分の距離で、、ボトルが既に2本、空になりそうです。
WS000000_.jpg



ヒィィ・・・
DSCN5015.jpg


鹿児島人なのに、、死にそうな暑さです。

やむなく、例のお土産屋さんでお休みします。。
旅の里 火山展望台です。
DSCN5018.jpg

桜島の展望台と書いてありますが、、お店の中を通らないと開けた場所に行けません。(爆
DSCN5017.jpg
私設ですので(^^;
でも、このお店のおかみさんは、うちの父や我が家のこと(桜島でのことね)を知っているので遠慮しときます。。。 顔を知られているワケでもないのですが。。(^^;;;


外の日陰で休み、、ボトルに水やスポーツドリンクを補給します。
DSCN5019.jpg

でも、、頭痛いです、気持ち悪いです。
朦朧とします。
当然、バイクを漕ぐ力も出ません。。。
とはいえ、力を出すとチェーンが切れるので、トルクを掛けてはいけません。
上りが結構あったりしますが、チェーンが切れるのでインナーxローでそっと上るしかありません。。

一応、ここで記念写真。
DSCN5020.jpg

DSCN5022.jpg

DSCN5021.jpg

イヤな勾配やアップダウンがまだ続くようです。
DSCN5023.jpg
普段ならたいしたことない道なのですが・・・・・・・。


DSCN5024.jpg

桜島の頂上、御岳はここからよく見えませんでした。。
DSCN5025.jpg

DSCN5028.jpg


一休みして、坂を下ってみることに。
もう黒神です。
DSCN5030.jpg


黒神 といえば、、紹介するのを忘れてはいけないトコがあります。



ここです。
DSCN5032.jpg


DSCN5038.jpg

そうです、 「埋没鳥居」 です。
DSCN5035.jpg

1914年(大正3年)の桜島大噴火の際に、降った灰で埋もれてしまいました。
ここは有名なトコロです。
DSCN5037.jpg


先にも砂防工事された場所があります。
DSCN5039.jpg

あっちから来て・・
DSCN5048.jpg

あちらへ。
DSCN5047.jpg

のんびりペースで随分時間を喰ってます。
DSCN5043.jpg


しかし、桜島の魅力?を伝えるにはブログレポしなければなりません。
気を取り直し、先を急ぎます。
DSCN5056.jpg


しかし、相変わらず、 天気良すぎ

DSCN5057.jpg

日なたに出れば、灼熱地獄です。。

幸い、黒神周辺からは木々もあり、日陰を選んで走りますが、、、スズエ鼻、割石崎周辺はアップダウンもあり、ヤられます(笑。



そして、遂にダウン。

朦朧として、、反対車線に飛び出し、、木陰にバイクを捨て、、倒れます。
DSCN5059.jpg

といっても、鹿児島で地面に座ること=灰まみれになる、です。
当然、寝転がることもできません。

鹿児島から東京に上京してきたときの文化の違いが、、「屋外で気楽に座れる」、というトコロでした(笑
鹿児島の人間だと、屋外のベンチなどでは、まず座るところを見て、手やハンカチで灰を払ってから座る習性がついていました。
でも、東京はどこでもまったく気にせず気軽に座ることができたのは、これはこれはビックリでした。
(大学の頃ね)


しかし・・・・・水を頭に掛けますが、この具合の悪さは尋常ではありません


ここでやっと気が付きました。


これは 熱中症 です。


灼熱地獄で頭も痛くて吐き気もして、、上からも下からも熱気が襲ってきます。。

DSCN5060.jpg

桜島はキレイなんだがな・・・・・・

DSCN5061.jpg


・・しばらく休憩。




海に飛び込みたい・・・



水道の蛇口の下で、、思いっきり、水を被りたい・・



そんな夢を思いながら。。。。


復活せずも、再スタート。
ここで座っていては何も変わらないと踏んだからです。


なんとか白浜温泉まで辿り着きました。
最悪の事態の時はここに駆け込んで休憩しようとも考えましたが、、残念ながらお休みです。(爆
DSCN5062.jpg

う~ん、無念。 観光ついででもいいかもしれないのに。
DSCN5064.jpg

う~ん、なんか古い写真みたい。
DSCN5063.jpg

先を急ぎます。。。
DSCN5066.jpg


海地帯に出てきています。
海岸線を、袴腰目指して飛ばします。
DSCN5067.jpg

まさに太陽ギラギラです。
もうイイ時間になっているのに。。
DSCN5068.jpg
DSCN5069.jpg

さて、この先に海水浴場があるはずです。
DSCN5071.jpg

自動販売機でまたペットボトル2本を補給。

久々に冷たい飲み物飲んで、頭がキーンときたよ。。


なんで撮ったのか不明。 メダルをペダル間違えた? 朦朧としているのか!?
DSCN5072.jpg


随分、日が落ちてきているのに暑さは変わりません。
DSCN5073.jpg


西道海水浴場と、桜島支所、桜島小学校まで来ました。

DSCN5076.jpg
DSCN5074.jpg

DSCN5079.jpg

DSCN5078.jpg

DSCN5080.jpg

DSCN508_011.jpg



更に先に進みます。

港がいくつか見えてきました。

もうすぐ水道がある最終経由地ですのでこのまま突っ走ることに。
DSCN5083.jpg
DSCN5085.jpg


最終経由地である、小池町に到着です。 ここで既に16:30分です。
DSCN5088.jpg

DSCN5086.jpg

この横道に入ります。
DSCN5087.jpg


すると納骨堂が現れます。
東京では珍しいとの話も聞きますが、、こちらでは個別のお墓ももちろんありますが、こういった納骨堂に集まっている場所も複数あります。
もちろん我が家も。
DSCN5089.jpg

ロードバイクを置き、、
DSCN5090.jpg

納骨堂の入り口へ
DSCN5091.jpg

※故意にボカシを入れているワケではありません。
 なぜか、、、Nikon P6000がボケてしまいました・・・・。 (汗



一通り、挨拶と線香をたいて、、、急いで水道に行って、、、顔から腕から足から、、、水を被ります。(笑


生き返りました。。 (私がですよ!


遠い親戚のおばさんが、息子だとわかって声を掛けてくれました。
私もよくここにで見掛けますのでわかりました。
こちらでは毎日、もしくは対岸の鹿児島市内のどこからでも1週間に一度は来る方も少なくありません。
それだけ、こういうスタイルは普通なのです。 (^^


私のジャージ姿以外は・・・・・・・


こんなトコでは浮きまくりですね(笑
DSCN5093_01.jpg
熱射病でもうヘロヘロです。。


一通り、用事が済んだ後、スタート地点でもある、桜島フェリー乗り場まで移動します。
DSCN5094.jpg

ここは桜島港の駐車場ですが、、中学の頃までは、数少ない砂浜でした。
ここでよく潜って、渡り蟹やタコをモリで突いて捕っていたものです。
親父の作った手製の銛でね。
DSCN5095.jpg
DSCN5096.jpg
あ、でも住んでいたのは今ある実家の方(市内ね)ですよ。

ま、桜島も今や鹿児島市に編入されたのですが。。

DSCN5098.jpg

グィーンときて、、
DSCN5099.jpg

到着です。
DSCN5105.jpg

WS000001_2.jpg


DSCN5109.jpg

ちょいとここのベンチで休ませてもらいます。
DSCN5116.jpg
DSCN5112.jpg

ど~~ん、と座って休憩です。ここはタクシー会社です。
DSCN5120_1.jpg

気にすることはありません。 ここは 「我が家の土地」 です。
そう、このフェリーターミナル前の5軒ほどは全て親戚含む○○家の土地、つまり私の本籍地でして、、(^^ゞ
この建物もタクシー会社に貸しているのです。


周辺はこんな感じです。
DSCN5118.jpg

ズラッと並んだ我が家の土地です。
フェリーターミナルを降りてきて目の前一帯ですので、、ここを全部潰して大型のコンビニか複合施設か何か建てれば、桜島も活気付きそうです。
土地をタクシー会社に貸して遊ばせておくのも勿体無い。
DSCN5126.jpg


DSCN5130.jpg


幸い、バイクのチェーンは切れていません。
このままフェリーに乗って対岸に戻れたとしても、、実家に帰り着くか・・・・。
もう17時を過ぎています。
DSCN5131.jpg

しかも、実家に戻っても交換するチェーンがありません。 ロード10速用のコマやアンプルピンは持ってきていないのです。(MTB用だったら持ち歩くクセがついているのですが・・)

鹿児島でもまだ走りたいところもあり、、しかも、 来月はハワイホノルル を走ります。
当然、105のチェーンのままなので、いっその事、デュラエースの新品チェーンに交換しておきたいところです。



となれば、、、、次の使命は、、

鹿児島市内でチェーンを買わなくては!!







~鹿児島県 櫻島1周紀行 ロードバイク コルナゴCLXにて(桜島編~2~)へ続く~









★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



f_02.gif

人気ブログランキングへ



テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

只今、櫻島一周中!! コルナゴCLX

20090810171727
20090810171722
といっても、もうフェリー乗り場です。

は、灰が。。。

でも海はいいな。

BlackBerry from DOCOMO

夏の富士山1周ライド!! COLNAGO CLXロード練

さてさて、最近走っていなかったので、久々100km超を走るべく、7月25日は富士山へ向かった。

元々、会社の同僚らが富士山登山でこちらへ集結するので、そのイベントとあわせて、ロードチームによる富士山1周を企画していたのだ。
もちろん、あわせてキャンプもやるのです。



・・・が、最近の富士山は天候が悪く、落石事故や遭難される方が出ており、天候も悪かったので急遽、登山組みは中止に。。

その代わりキャンプだけ数名来てくれることになりました。


ロード組みは走る事には変わらないので、、出動です。 
クルマはデリカD:5が所要で今週は無いので、トランポのミニカウォークスルーバンで行くことに。
ミニカウォークスルーバン2009_0721_001
画像は夏のキャンプ&バイクトランポ仕様。
ミニカウォークスルーバン2009_0721_004


こんなに積んで、今回からバイクはルーフのバーにサドルを引っ掛けて積載(ホイール外し)することに変更。
こうすればキャンプ道具満載でもOK。
DSCN4675.jpg



ドビューン!!!と中央高速を飛ばします。
DSCN4680.jpg


ただ、、調布IC乗る前から、時間も朝7時台だというのに、、府中~相模湖間25km渋滞の文字が・・・・・・
DSCN4671.jpg

乗ったら乗ったで、、府中で既に8時。 そして渋滞は30kmに。。。
結局、9時に河口湖のキャンプ場に集合が11時を過ぎてしまいました。。


バイク用意して出発したのが11時40分。
DSCN4682.jpg
ご一緒させて頂くのは、S澤氏。
仕事の取引先様なのですが、ロードはかなりのツワモノ。(な○しまのチーム員だそう...)

先日のラジコン大会でも自走で千葉県君津市から自宅の府中まで帰っていきました。。
バイクはSCOTT。
DSCN4475.jpg
(RCキャンプ大会にて)

さて、富士山1周の方ですが、走行は反時計回りとしました。
本来なら120km程はあるかと思いますが、時間も時間なので、ショートカットできるところはショートカットすることに。(それでも100km超ですね)

DSCN4685.jpg
多少、天気雨が降ったりしていたので、路面は所々、濡れている程度。
愛車も軽快に。
DSCN4684.jpg

河口湖の139号から71号へ左折し、一気に鳴沢の森を抜けて一路、富士宮方面へ。
DSCN4686.jpg

DSCN4687.jpg

DSCN4688.jpg
天気はこの辺は最高
DSCN4692.jpg
すがすがしい、青空だ。 路面状況もなかなか良い。
DSCN4691.jpg

鳴沢からショートカットし、富士山原始林を通り、一気に富士宮まで。
72号に入り、奇石博物館を通り過ぎ、180号に合流します。

途中、篠坂交差点で180号に左折する前に昼食を。
ちょっと100mほど戻り、富士宮やきそばの電光看板が出ている路地に入る。
DSCN4693.jpg
昼食は、もちろん、、、 「富士宮やきそば」 です。
 
DSCN4697.jpg
ミックスとしました。
DSCN4696.jpg

ここまでで。12時50分。 ハイペースで飛ばして、約1時間で富士宮まで降りてこられたと思います。
DSCN4694.jpg
でも食事中に突然の大雨が・・・

DSCN4698.jpg

止むのを待っても時間が掛かりそうだったので、小ぶりになったのを見計らって、出動。

さて、ここから、、180号、富士山スカイラインです。
DSCN4699.jpg

うへぇ・・・、、雨が冷たい。気温は約21度ほど。
DSCN4701.jpg

でもまだまだ普通の道です。
DSCN4701.jpg
DSCN4700_20090728164259.jpg
DSCN4703.jpg

雨が止みました。 
が、、キコキコ登ります。
DSCN4705.jpg

かなり登ってきました。
また、雨です。 霧も出てきます。。。
DSCN4707.jpg

DSCN4706.jpg



かなりショートカットできると、S澤氏から説明を受けましたが、、、、、


まるで 富士ヒルクライムじゃないか。。。

そうです、新五合目への分岐まで、20km以上登る道です。
激坂は無く、斜度は緩いものの、遠くまで続いて先が見えない坂がつづら折りです。。
雨は降るし、、、霧も出てきます。

DSCN4708.jpg

ちゃむい。。時速7km/hぐらいまで落ちる場所もあります。 平均7~10km/hかな?
DSCN4709.jpg

突然!、、道路横を濁流が流れてきました!
DSCN4710.jpg

きっと、上でゲリラ豪雨があったに違いない。。(汗

そうこうしているうちに、とっくに置いていかれていたS澤氏が頂上から降りてきてくれた。。(泣


やっとこさ、西臼塚を越え、下りへ。

ぐりんぱを越えて152号~23号を通り、ショートカットしたつもりが、、御殿場近くまで降りてきてしまいました。。
ここまで下界に来ると、雨は止んでいます。


138号に出てから、上り基調で山中湖方面を目指します。
箱根裏街道っていうんですね~、知らなかった。
勾配はさほどありませんが、延々と上り気味です。

東富士五湖道路まで来ましたが、自転車じゃ通れないので一般道で須走まで移動し、一度コンビニで休憩。

ここでS澤氏は北麗公園にクルマを止めてきていて、、駐車場が17時30分にはクローズするとのことだったので、一足先に行ってもらうことにした。
ここでS澤氏とはお別れすることに、お疲れ様でした。


そして、 私は一人、、
いよいよ 篭坂峠 です。

一応、普通は反時計回りの最大の難所のようです。
然程、勾配はないように思えますが。。

DSCN4711.jpg


それでもあまり距離もありません。
単純に90kmとか走ってきているので最後だとチト足にきますね。
DSCN4714_02.jpg


DSCN4713.jpg


登り終えると、、、ついに下りです。
DSCN4715.jpg

富士吉田まであと15kmです。
DSCN4716.jpg


DSCN4718.jpg

ギャラリーアバルト自動車美術館を越え、峠を降りると、、、



やってきました、  山中湖 です。

DSCN4719.jpg
DSCN4720.jpg


日差しも強くなってきました。 とはいえ、、既に17時です。。
DSCN4721.jpg


ちょっと立ち寄りたいところですが、、山中湖を尻目に先に進みます。
DSCN4723.jpg

山中湖の明神前から一路、富士吉田、河口湖方面へ。
DSCN4724.jpg


山中湖ICを過ぎて、ひたすら、富士吉田、河口湖へ。

DSCN4726.jpg

忍野を抜け、、、
DSCN4727.jpg


DSCN4729.jpg

スバルラインを通り過ぎ、いよいよ河口湖界隈へ到着。
あとは河口湖オートキャンプ場を目指します。
DSCN4730.jpg
DSCN4731.jpg
そこを曲がると、、
DSCN4732.jpg

おおっ!!
DSCN4734.jpg

たった今、1周してきた、雄大な 富士山 です!!!
DSCN4733.jpg


しばらく行くと、河口湖オートキャンプ場に到着!!!


既にお仲間は宴へと突入していたのでした。
DSCN4738.jpg

なんとか到着です。 1周してショートカットしようとして勾配のあるヒルクライムを選び、微妙にショートカットと言えるほど短くなった訳でもなく、、結構走りました。
コルナゴCLXにとっては、初めての雨でした。(笑
DSCN4753.jpg


パンツまでびっちょり雨で濡れているので着替えて、、私も宴に突入。
DSCN4743.jpg

おやすみなさい。。。Zzzzz....
今日は、愛車のミニカウォークスルーバンでお休みです。
DSCN4747.jpg



おはようございます。。(笑
DSCN4749.jpg


DSCN4750.jpg
DSCN4751.jpg
DSCN4752.jpg
DSCN4757.jpg
DSCN4754.jpg

こじんまりとした楽しいキャンプでした。
たまにはこんな楽チンで適当なキャンプもいいかも。


お昼に帰路に着くことに。
DSCN4759.jpg

今日も富士山の頂上は雲が掛かっていました。。
さようなら、富士山。
DSCN4763.jpg

高速をバヒューンと帰りましたとさ。
DSCN4762.jpg


今回のツーリング記録。

総走行距離:103km
最高速度:55.2km/h
実走行時間:5時間8分
平均速度:20km/h
停止時間:52分
全平均走行速度:17km/h






★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ



f_02.gif

人気ブログランキングへ



テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ブログ全記事表示

プロフィールと愛車達

GAGAのプロフィール

Author:GAGA

~29er乗りのサイクルスローライフ~


マウンテンバイクからロード、スノーボードにフライフィッシングからキャンプ、サバイバルゲームからプラモデル/フィギュア、ラジコン、デリカD:5等々、多趣味な40男のブログ。

開く

高脂血症の食事療法

【食事療法編】

★食事のポイント
(コレステロールが高い場合)
・エネルギー量の制限
・コレステロールを多く含む食品の制限
・食物繊維の摂取をふやす
・P/S比を上げる※1
 ※1:P/S比は、血中コレステロールを低下させる作用がある多価不飽和脂肪酸(P)と、増加させる作用がある飽和脂肪酸(S)の摂取比率。

★高脂血症を防ぐ食事の基本
1. 偏らず「栄養バランスのよい食事」を。
2. 摂取総エネルギー量を抑えて、適正な体重を保つ。
3. 飽和脂肪酸(おもに獣肉類の脂肪)1に対して不飽和脂肪酸(おもに植物性脂肪や魚の脂)を1.5~2の割合でとる。
4. ビタミンやミネラル、食物繊維もしっかりとる。
5. 高コレステロールの人は、コレステロールを多く含む食品を控える。
6. 中性脂肪が高い人は、砂糖や果物などの糖質と、お酒を減らす。

★コレステロールを下げる食品の分類
食品
※体内にあるコレステロールの7割前後は、体内で合成されています。
※血中のコレステロールを増やす食品として明らかになっているのが、飽和脂肪酸です。逆に体内のコレステロール値を下げる働きをするのは、不飽和脂肪酸を多く含む食品です。
※ポテトチップスは食品としては全くコレステロールを含んでいないし、チョコレートや即席麺に含まれるコレステロールもわずかだけど、体内でコレステロールを増やす働きがあります。 ※コレステロールが多く含まれている卵の黄身や肉の脂身、魚卵、イカ、エビ、ウニなどは控えめにし、バターやマヨネーズなどは使わずに植物性のドレッシンクを使うようにしましょう。  また、野菜、大豆製品(納豆・豆腐・煮物など)は毎食食べるようにし、野菜以外でも繊維分を多く含む食物(コンニャク、サツマイモ、キノコ頬、海藻頬など)は積極的にとりましょう。 繊維分の多い食物はコレステロールを体外へ出しやすくします。

=================================

   My Bike   

★Mountain Bike 愛車★
 ●Gary Fisher/ゲイリーフィッシャー 29er
  '09 MAMBA
   w/09 FOX F29RL 80mm G2
  MAMBA

★Road&Cross&MiniVero Bike 愛車★
 ●'08 COLNAGO CLX
  COLNAGO CLX
 ●'09 GIANT ESCAPE R3 ジテツウ仕様
 ●'10 BS JOSIS wgn

開く

 以前所有していた自転車

高校の頃はセパハン付けたNSRレプリカの自転車...

1994年~:GT TEMPEST
        GT AGGRESSOR
1996年~:GIANT XCX-SE 24in
1996年~:Yeti KOKOPELI
        Yeti LAWWILL4
1998年~:YETI ARC
2002年~:YETI AS-R
2007年~:Cannondale GEMINI
        Cannondale F300
        Cannondale F2000SL
2008年~:Cannondale '05Scalpel US
        Cannondale '06RUSH
2009年~:Cannondale '08Scalpel
2010年~:Cannondale '10 HOOLIGAN 9

~現在に至る~

=================================


↓自転車ブログに参加しました! ランキングのためポチッとお願いしますね! (^^
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへにほんブログ村 自転車ブログ 29erへ
にほんブログ村
↑他にも沢山の自転車ブログが集結していますよ。是非見てみて下さい。

FC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
Mail to:

目標とスケジュール!

開く

 ●2011年の目標とスケジュール/イベント

【2011年の目標とスケジュール】

★3月5日 東京エンデューロ 2011 River Stage★
 <コーポレーション2人チーム ロード出場!>
 COLNAGO CLX


5月より中国・上海へ転勤となったため、以降レーススケジュールは白紙に。

★5月15日 第8回アドベンチャーイン富士見★
 < MTB50km エントリー済み! >
 29er '09MAMBA
 ※震災の影響で大会開催中止※

★6月12日 第8回Mt.富士ヒルクライム★
 < 一般24kmロードエントリー済み >
 結果:DNS  COLNAGO CLX

9月○日 ホノルルセンチュリーライド2011
 <ハワイ-オアフ島/100mile参戦予定>
 COLNAGO CLX
------------------------------
※注釈
★赤色★:エントリー決定済 / 参加済み
☆グレー☆:エントリー計画中....
○グレー○:その他 イベント
------------------------------


開く

 ●2010年の目標とスケジュール/イベント

【2010年の目標とスケジュール】
GAGA2のアドベンチャーイン富士見に向けて

★1月4日 走り初め茅ヶ崎~府中ライド★
 <初走!!>
 29er '09MAMBA
★1月23日 SAT 2周年記念オフ@A山★
 <記念オフ参加!!>
 29er '09MAMBA
★3月27日 #1オフ練&花見★
 <チーム○○○○○MAPオフロード練習>
 29er '09MAMBA
★4月3日 三浦半島1周LSD練★
 <チーム○○○○○MAP LSD練習>
 COLNAGO CLX
★4月29日 6トレライドへ変更★
 <チーム○○○○○MAP HC練習>
 29er '09MAMBA
★5月5日 大名栗林道ヒルクライム★
 <チーム○○○○○MAP HC練習>
 29er '09MAMBA

★5月16日 第7回アドベンチャーイン富士見★
 < MTB50kmタイム40分短縮して完走! >
 29er '09MAMBA
★6月6日 第7回Mt.富士ヒルクライム★
 < MTB男子クラス 無事完走!! >
 29er '09MAMBA

★7月23日~25日 ネイチャートリップ!
 ecoツアー in 伊豆大島への島旅★
 < 会社を飛び出し、夜の竹芝桟橋から
  MTBで島一周の旅に.... >
 29er '09MAMBA

☆9月11日 大名栗林道ヒルクライム☆
 <ガレ場ヒルクラツーリング>
 29er '09MAMBA

☆9月19日 SDA王滝クロスマウンテンバイク☆
 < MTB100km参戦!
  王滝まで辿り着けずDNS..>
 29er '09MAMBA

☆10月23日 ゆるゆる浜名湖サイクリング☆
 <浜名湖1周サイクリング企画参加!
  一応、一周してきたよ~>
 29er '09MAMBA

------------------------------
※注釈
★赤色★:エントリー決定済 / 参加済み
☆グレー☆:エントリー計画中....
○グレー○:その他 イベント
------------------------------

開く

 ●2009年のおもゐで/RACE

【2009年のおもゐで -参加RACE】

★2月21日 初ヤビツ峠 ヒルクライム輪行★
 <一人旅 行ってきた!>
 COLNAGO CLX
★3月1日 knpr尾根 ヒルクライムツアー★
 <五日市方面 参加してきた!>
 08 SCALPEL

   [雪山行事]
 ○3月14日 オール○○ SKI大会○
  男子スノーボードクラス
  <志賀高原/一の瀬ファミリースキー場>
    <参加してきた!>

★3月29日 #2ヤビツ峠ヒルクライム輪行&
  裏ヤビツ~宮ヶ瀬湖~津久井湖~
  高尾~日野橋~多摩サイツーリング★
 <一人旅 行ってきた!>
 COLNAGO CLX

★4月11日 大名栗林道ヒルクライムツアー
 <埼玉県 大名栗林道 参加してきた!>
 08 SCALPEL
★5月10日 狭山湖近郊トレイルツアー
 <埼玉県 狭山湖近郊 参加してきた!>
 29er '09MAMBA
5月17日 アドベンチャーイン富士見50km
 <富士見パノラマ MTB50km完走!!
 Time短縮!! >
 29er '09MAMBA
5月31日 セルフディスカバリーアドベンチャー
 SDA in 王滝42km

 <長野県木曽郡王滝村START
 エントリー済み!! >
<子供の運動会と重なり、DNS> 29er '09MAMBA


★7月20日 第二回 チキチキ!海の日に山に行こうトレイルツアー
<五日市方面 TRTR温泉、UMNK峠、UMNK峠、FTDK峠>
 29er '09MAMBA

★7月25日 富士山1周トレーニング
 <富士山周回 約120km>
 COLNAGO CLX

○夏季休暇 実家帰省○
★8月10日鹿児島県 桜島 1周ライド★
 <実家から自走して1周し帰宅>
 COLNAGO CLX

★8月14日鹿児島市内~陸回りで桜島へ ツーリング★
 <薩摩半島~大隅半島経由~桜島>
 COLNAGO CLX

9月27日 ホノルルセンチュリーライド2009
 <ハワイ-オアフ島開催/ 100mileタイムアップ!!
 100mile走破&タイム短縮済!! >
 COLNAGO CLX

開く

 ●2008年のおもゐで/RACE

【2008年のおもゐで -参加RACE】

★2月24日 a.b.c cup Vol.39出場
 <幕張 参加!!>
 SCALPEL
★4月27日 大名栗林道 参加!
 <埼玉県 飯能方面 大名栗林道>
 RUSH
5月18日 アドベンチャーイン富士見50km
 <富士見パノラマ MTB50km完走!>
 RUSH
8月2~3日
 会社同僚 富士山登山イベントの
 ベースキャンプ担当を兼ねた....
  第3回 富士MTBサマーキャンプ
  24時間エンデューロin小山
  (8時間ソロ 出場!!)

 <静岡県小山町 - 富士山麓>
 RUSH
★8月31日
 大名栗林道 中止のため......
 S尾根 DHツーリング 参加!!!!
 <奥多摩方面>

 RUSH
★9月6日
 第三回チキチキ柳沢峠ヒルクライム大会
 <奥多摩方面 参加!!! >

 SCALPEL
  ○5~9月 一人遊び自粛期間(終了) ○
9月14日 セルフディスカバリーアドベンチャー
 SDA in 王滝100km

 <長野県木曽郡王滝村 参加!!!DNF>

 RUSH
  ○11月 多摩サイに引越し○
★12月14日
  Trail7に走りに行こう!
  <埼玉県飯能市「Trail7」(仮名)> --雨天中止--
08 SCALPEL

開く

 ●2007年のおもゐで/RACE

【2007年のおもゐで -参加RACE】
★11月11日 マウンテンバイクレースイン緑山
 スタジオ・シティ/ WD-40レース 35-39才クラス出場
F2000SL

2007年6月。
MTBで走ることの目標、このブログのきっかけとなったイベント。
9月30日 ホノルルセンチュリーライド2007
 ハワイ-オアフ島開催/ 100mile走破!

F2000SL
SANY0301.jpg



リンクツリー
時刻と天気予報

-天気予報コム- -FC2-


QRコード
QR
ブログ内検索&カレンダー
●ブログ内検索●

07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

●現在までの全ての記事タイトルを「一覧表示」する●


最近の記事とコメント/ツリー表示


●全ての記事を一覧表示する●


記事のカテゴリー別表示
ユーザータグ

上海 中国 東京エンデューロ エンデューロ TOKYO Stage River 王滝 9王 SDA マンバ 29er MAMBA MTB 富士ヒルクライム ゲイリーフィッシャー GARY 29er FISHER 355 Raven ZTR NoTube ゲイリー アドベンチャーイン富士見 MAMBA CLX COLNAGO コルナゴ センチュリー ホノルル GAEY ダイナパック DynaPack トピーク TOPEAK キャノンデール 砧公園 富士見 MOTO Cannondale RIZE アドベンチャーin富士見 TOKYOセンチュリーライド RUSH ラッシュ スピナジー SPINERGY 境川 ポタリング F2000SL SCALPEL レフティ LEFTY 東京センチュリーライド スカルペル GARMIN 

RSSフィード








実際に使用している商品紹介!2


【オススメ品】フィニッシュライン(FINISH LINE) バイクウォッシュ 1000ml


フィニッシュライン(FINISH LINE) イージープロブラッシュセット


フィニッシュライン(FINISH LINE) テフロンプラス「ドライ」ルーブ 60ml


【オススメ品】フィニッシュライン(FINISH LINE) クロスカントリー「ウェット」ルーブ 60ml


イベント用テントのシナノテント


【入荷致しました! 】ネーム入れ(名入れ)無料サービス中! MTB耐久レースのピットや、里山ベース、チームイベント等に超使える!!!...





マキシス フライウェイトチューブ 仏式 26インチ×1.9-2.125


MAXXIS マキシス XCタイヤ MONORAIL モノレール
マキシスの2008年最新XCモデル!!!! 取り敢えず、モノレールだ!!お奨め!!
転がりとグリップ、クッション性を両立させた新作クロスカントリータイヤ
センターには小さなブロックが連続して配置され、転がり抵抗の軽減に貢献しています。
ミドルブロックは間隔が広く配置されることで泥詰まりを無くし、サイドのC字型のブロックは高いグリップ力とコントロール性能を誇っています。


マキシス アドバンテージ 26×2.1
少々ウェッティな里山でも使える!! XCオールラウンドのハイグリップタイヤ!
フリーライドにも最適なハイグリップXCタイヤ 大量のエアボリュームと大きなサイドノブが特徴のアリソン・ダンロップがデザインしたオールマウンテンタイヤです。
対向した平行四辺形のノブが登りとブレーキングに威力を発揮します。
傾いたセンターノブが転がり抵抗を最低限に抑え、間隔のあるノブデザインが泥をすばやく落とします。


MAXXIS マキシス XCタイヤ RANCHERO ランチェロ
街でもレースでも使用可能なオールラウンドMTBタイヤ 独特なブロックパターンの配列は、驚異的な転がりの軽さとサイドグリップを両立させています。
特徴である大容量のエアボリュームがハードテールバイクでは吸収しきれないショックを吸収し、ソフトでしなやかな乗り心地を提供してくれます。
その性能と乗り心地はMAXXISサポートライダーも絶賛しています。



MAXXIS マキシス XCタイヤ IGNITOR イグナイター 26X1.95



hydrapak(ハイドラパック) リサーバーセット 1.5L


0827秋先5【10,500円以上送料無料】Hydrapak[ハイドラパック]リザーバーキット 2.75L


トピーク ダイナパック


CATEYE CC-CD300DW


RESPO(レスポ) アッセンブルオイル 20ml


RESPO チタンスプレー 100ml


ジロ アニマス ヘルメット


0827秋先5【10,500円以上送料無料】POLAR※9月30日迄[ポーラー]ポーラーボトル小※ポーラーボト...


OD BOX

里山を走ろう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。