スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートレートモニターリストウオッチ購入!![CASIO PHYS HEART RATE MONITOR CHR-200J-1JR]

 

遂に、、というか、やっと買いましたよ! ハートレートモニター!!


以前、山で無くした「スントt3c」 に代わり、ずっと何かいいものはないか、と探してきたのですが、やっと二代目に相応しいであろうものに辿りつき、購入に至りました。

なんと! その名はガンダム・・じゃなかった、カシオのPHYSハートレートモニター CHR-200J
そうです、またもや腕時計型です。
SANY0528.jpg


ロードで使っているのは キャットアイさんのV3(サイコンでケイデンス&心拍計内蔵型) を使っていて、同じものは何かイヤだったのと、、やはり腕時計型は腕時計ならではの利点もあります。


ちなみに、購入の際に必須だった項目はコレ。
・自転車を離れても心拍が測れる事(サイコン内蔵だとNG)
・手首を曲げた時に邪魔にならず、ボタンが押されたりするなど絶対に計測に影響の出ないこと。
・ストップウォッチ機能が付いていること。
・運動強度や消費カロリー、心拍の記録が後でも確認できること。
・比較的、安価であること。
・軽くて格好イイこと。



なんとこれらを全て解決したのが今回の時計というワケ。
ポラールも検討したのだが、、個人的には少々多機能過ぎて使いにくく、しかも、非常にお高い。
キャットアイさんの腕時計型は既に廃盤でオシャレ感0でちょっとイマイチ。。。

そして以前、スントのt3cを使っていて、一番不満に思っていたのは、バイクに乗ってて手首を曲げたりすることは当たり前にあるのだが、、なんとその時に手首側の横のボタンが押されて、ストップウォッチや心拍の計測などが、止まってしまっていたりしたことが数えられない程あったのだ。。
これには閉口、よってt2やt4なども同じデザイン/使い勝手なので、スントは無い。


このカシオのPHYSは、なんと左右非対称デザインで、手の甲に干渉するのを防いでくれるのだ!
SANY0548.jpg

そして、モードやセットなどは左側のボタン、ストップウォッチの計測開始やクリアボタンは、上面の液晶側にあるので走行中に押されてしまうこともない。(奥にしっかりと押さないと動作しないので誤操作の心配も無さそうだ)
もちろん、ラップやスプリットも複数記録できるので機能は十分。
SANY0542.jpg

ちなみにこちらが通常の時計表示画面。
SANY0537.jpg


もちろんこのように、ライド中に一番多用するであろう、ハートレート(心拍)表示しながら、運動強度やストップウォッチなども同時表示できる!!!
液晶上はまだ表示されていないが、なんと上部には一目で見られる心拍のグラフも表示されるというスグレもの。
SANY0549.jpg

液晶も比較的大きく見易い。
なんといっても、カシオとはいえ、デザインも海外製と比較しても劣らずイイのだ!
SANY0550.jpg

裏面も結構作り込まれていて安っぽさの微塵もない
SANY0553.jpg
赤いパーツは、腕から裏面を浮かせてベッタリ感を無くす為のフローティング構造物らしい。 よく考えられている。

もちろん、森の中での薄暗がりや夜間でも、ELバックライトで明るく鮮明に照らしてくれる!!
SANY0534.jpg
※画像はピントが合わず申し訳ない。。デジカメ修理中でハイビジョンビデオカメラで撮影しているので。。


ざっくり、こんな感じで期待大なのです。

015_img_201.jpg
カシオホームページURL


但し、一つだけ残念なのは、ハートレートセンサー部が少しだけ大きく感じたこと。
こちらの画像は、上から、時計無きスント用のハートレートと、キャットアイV3の心拍センサー、そしてカシオの心拍センサー。
SANY0554.jpg

どれも混信に工夫を凝らしているのだが、カシオ製が重量実測66gで若干太く大きく硬めな感じだ。その代わりなのか本体の横幅は一番短くて使いやすい。
小ささ/細さ(ベルト含む)でいうと、実測56gキャットアイなのだが少々本体が長い。
スントは実測59g、エルゴ形状で無難な感じで装着感も配慮されていて、キャットアイと同じ様な柔らかさ、、どれも一長一短なようだ。

まぁ、カシオのものでも、個人的には、装着した感じでは、 然程、気にならなかった。
心拍もすぐに認識して、反応も良い。
重量も、僅か数グラムの差なので、影響はないようだ。

実際のライド時(サイコンのワイヤレス等との混信や計測ミス率)については別途、レポしよう。




そして、肝心の価格!なのですが、、、


なんと実売、税込み送料0円で、11,900円 !!
(メーカー希望小売価格:定価24,150円(税込))



あぁ、カシオ様、ありがとう。
(;人;)

カシオ (CASIO) 腕時計 PHYS フィズ CHR-200J-1JR ランナーウォッチ LAP MEMORY300カシオ (CASIO) 腕時計 PHYS フィズ CHR-200J-1JR ランナーウォッチ LAP MEMORY300
(2007/03/22)
CASIO

商品詳細を見る

・・・って、他で調べると2005年発売?? 随分前からあったのね(^^;;
発売終了との文字も。。。
カシオさん、新型出たらまた買います!!
CASIO PHYS HEART RATE MONITOR CHR-200J-1JR

、、というか、私はヤフオクでポチりました。

今日現在の最安は、ヤフオクでの上記価格みたいですのでオススメです。






★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへf_02.gif人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

第7回 Mt.富士ヒルクライム行ってきました。~~頂上から下山・帰宅編へ~~(6/6)

  

なんとか、ゴールです。

自分のペースで走れず、左脚に少々ダメージがあるも、、なんか・・・モガキきれてもないし、遅く走らなければならなかったので複雑。。


DSC00282.jpg



ま、いっか。。。  この澄み渡った青空が忘れさせてくれる。

コースはなだらかで、もち、フロントインナーなぞ使う必要も無しだった。。リヤ36tも使ってないだろう。。
すごく走りやすかったヨ。(^^

DSC00283.jpg


ゴールで待っていてくれたS澤氏と一緒に、集団でゾロゾロと移動。。
DSC00285.jpg

取り急ぎ、下山用袋を取りに行かなくてはなりません。
DSC00286.jpg


DSC00287.jpg

山頂をバックに登頂記念写真。
DSC00288.jpg

ここが下山袋置き場なのだが・・・
DSC00291.jpg

まるでゴミ置き場である。。。
DSC00291.jpg

随分探して・・
DSCF2938.jpg

やっと発見。
DSCF2939.jpg

また元に戻り、、早めに下山することとした。
9:45分の第6下山グループかな?
DSC00292.jpg

DSC00293.jpg

まだまだ上ってくる選手はいます。
DSC00294.jpg

シャー、、と下山の列に並びます。
DSC00295.jpg

下山は集団で降りなければなりません。単独での勝手な下山はNGです。
DSC00296.jpg

と、一旦停止なのですが、、その直前・・・・・・・・


調子に乗りました。。

MTBなのでジャンプジャンプなんてした瞬間・・・・


下山用に背負ったディバッグのサイドポケットから、3日前に買ったばかりのSONY DSC-TX5デジタルカメラが宙に舞い・・・・




ガッシャーーーン!!!



はい、画像の通り、壊れました。orz
DSC00297.jpg
画面右側に影が入り、半分がピントがあわず二重に画像が重なってしまいます。。。(大泣


泣くに泣けません・・・・
DSC00300.jpg

それでも、上ってくる、特にフラットバーの選手に「ガンバ!!」と声を掛けながら下ります。
DSC00306.jpg

「頑張れ~!!!」って、まだ結構選手がいますね。
DSC00307.jpg

画像がお見苦しい。。
DSC00308.jpg


ブルーな気分で25kmのダウンヒルでした。。

冬用のウインドストップとウインドブレーカーを着込んだお陰で寒くはなりませんでした。
ま、天気も良かったしね。

DSC00309.jpg

そのまま下りながら会場へ移動。
DSC00317.jpg

DSC00315.jpg

スタートしたメイン会場が見えてきました。
DSC00321.jpg

そして、スタートゲートを通過。 到着です。

すぐにチップを外す列に並び、外します。
DSC00324.jpg

そして、その次は、ゼッケンに付属している「うどん引換券」を持って、「吉田うどん」のコーナーへ。
DSC00326.jpg

行列です。。。
DSC00327.jpg


うどんゲット!!! 


 でも、正直、レースして下山してきても、まだお腹空いてません。。。当然ジャージに忍ばせておいたパワージェルも手をつけていない。
DSC00328.jpg
CMOSセンサーが逝ったのか、、おいしそうに見えないうどんで申し訳ない。。

S澤氏の撮った画像にて。いつも写真サンクス。
DSCF2941.jpg




俺のはダメだこりゃ。
DSC00330.jpg

モードをイロイロ変えて、自分撮りもダメ。
DSC00333.jpg

自慢のパノラマ撮影も・・・
DSC00334.jpg

ダメか・・。(泣
DSC00335.jpg


このあと、ホソヌマ氏と会い、ダンゴ状態でしたよ、と言うと、申請すれば前の方に行けたんじゃない?とのこと。
まぁ、今年は全く初めてだったからねぇ。。

でも、楽しませてもらえました。いい経験です(笑
またお会いしましょう、といいお別れ。

まぁ、自己申請の目標タイムを早めに書けば良かったのですが。。


この後、大会会場からも去ることにしました。
DSC00337.jpg

さて、基地に帰ります。
DSC00338.jpg

あれ?マシュンカー?! 出場してたの?? オープン?
DSC00340.jpg


一旦、上り、、
DSC00342.jpg

ビューンと一気に下ります。
DSC00344.jpg


基地に到着!!
DSC00345.jpg


S澤氏は、なんとここから自走で帰ります・・・・。(さすがに前後の荷物は近くのコンビニから送るらしいのだが)
DSC00346.jpg

お疲れさんです。色々と世話になりました。いい経験でした。感謝感謝。

DSC00348.jpg


私は、一人、クルマの中でカメラの重症さにあらためて気が付きながら、、、
DSC00350.jpg


帰途につきました。
DSC00352.jpg



総走行距離、約60kmでした。(レース25km/下山25km、キャンプ場からの往復で約12km)

最後尾でスタートしたことには後悔はしましたが、、イベントとしては楽しかったです。

もっと頑張れたはずだが、、でも来年も出たいかというと、ちょっと微妙。。

来年の予定次第かな?


タイムは公式記録が出てからね。







★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへf_02.gif人気ブログランキングへ


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

第7回 Mt.富士ヒルクライム行ってきました。~当日編~(6/6)

 


さて、遂に大会開催日がやってきました。

私にとっては初めての出場です。 しかも、29erで(笑

DSC00185_20100607071530.jpg


朝は4時30分に起床して、ゴソゴソと準備。

全く腹が減ってません。。。 無理矢理、カレーパン1個だけ食べます。。
即効、トイレに。。。



そして、5:30過ぎに会場へGO!!!
DSC00186_20100607071808.jpg

すると、すぐに続々と選手が集まり始めています!
DSC00188.jpg

DSC00192.jpg

昨日と同じく公園への近道の林を通り過ぎ・・・・
DSC00193.jpg


富士北麓公園へ到着。。。
DSC00211.jpg


すぐに、下山荷物を預けに行きます!!
DSC00196.jpg

DSC00197.jpg


私のはここに!! っと、放り込んで終了。
DSC00194.jpg


そして、登頂前の祈念? 記念フォト!
DSC00199.jpg

その後、スタートラインにバイクを並べに行きます
こちらが最初にスタートするスタートライン。 うっく、、速そうなロードばかりで、、緊張。。
DSC00200.jpg


S澤氏は4千番台、私は8千番台の位置へ。

どうやら、遅かったこともあり、プラカードを持っている人に聞くとと、、、8千番台の列の最後の向こう側(殆ど最後尾)になるらしい・・・・
DSC00202.jpg

こんな後ろかよ。。ま、MTBだからいっか。

 が、ここで、MTBクラスは別でなく、ロードに紛れて出走するらしいと気付く。
DSC00201.jpg


ロードの列に並べる。

しかし、8千番台、つまり最後のスタート組みなので、、バイクも様々。。。
重そうな小径車や、普通のクロス、重そうなMTBなども混ざる。
ロードもツーリング車から高くて軽そうなバイクまで。。


しかし、、
DSC00204.jpg

ハッキリ言って、、、
DSC00206.jpg

遠くの4千番台の列に行った、S澤氏に出会えそうもない・・・(笑
DSC00208.jpg

ちなみに、、、どれぐらい人がいるかというと・・・・・
DSC00209.jpg


パッと見、これぐらい。(バイクの列にいる人だけで)
DSC00213.jpg

数千人いるのだから当たり前か。
これでも多数のスタッフやゴール会場の人員、そして応援者は応援バスに乗って、すでに登頂中。


時間も過ぎ、、遂に開会式が始まる。
ゲストのご挨拶。

ご存知、今中選手。
DSC00214.jpg

こちらは俳優 鶴見信吾選手。
DSC00216.jpg

シャ乱Qのまこと選手に続き、フリーアナウンサー富永美樹選手、ご存知XC女子(今回ロードでオープン参加らしいが)の片山梨絵選手と中込由香里選手がご挨拶。
DSC00217.jpg

そして、、、、元F1レーサーで登山家でもある、、片山右京選手。昨年末、お二人の友人をこの富士山で亡くされた後、沢山のサイクリストからも励ましをもらったという。3月から活動再会されている。頑張って欲しいものだ。
DSC00218.jpg
つーか、右京選手、自転車レースでもアマチュアでめちゃくちゃ速いのだ。。私に心配される必要はない(笑


さて、アスリートクラスのスタートだが、、、アスリートクラスは、、またまた別会場で28km地点(つまりもっと遠い)の県立富士ビジターセンターからがスタートとなります。

いよいよ、6時25分に、いよいよアスリートクラスがスタートです(別会場から)

大型のオーロラビジョン?を見ていると、鬼のようなスピードでダンシングしながら坂を駆け上っています。 とても坂に見えないスピードです。。(^^;;


さて、私はボチボチ、、朝行ったのですが、、もう一度、トイレに行きます。やっぱ食い過ぎだ。。
朝もお腹減ってなかったし、、カラダがキレが無い気がする。。
DSC00219.jpg

時間差で、こちらの会場も女子が最初にスタート!!DSC00220.jpg

そして、遂に男子、第一グループの1千番台がスタートです。
DSC00222.jpg


GO!!  Climb!!!
DSC00223.jpg


でも、私は最終の7時30頃スタートなのでのんびり。

ちなみに、コース図はこんな感じです。
コース図


そして、いよいよスタートへ向けてバイクを起こして移動というとき、地面に10cm台の染みが・・・・



ノー!!! チューブ液だ! 漏れてる!!!


出てくるときに3barにパンパンに入れてきたのだが、気圧の変化か?、突如穴が開いて漏れたらしい。


・・ということで、一旦移動を始めた列から外れ、、大会本部に行って空気入れを借りて、再度、エアを補充する。
2barまで減ってたヨ。。

イイタイヤなんだが。。


・・んで、スタートの列に戻ると、、ホントに最後尾(笑
DSC00224.jpg

計測がスタートラインで一斉にGO!じゃないからいいものの・・・・
DSC00226.jpg


トロトロといよいよ、スタートです!!!

DSC00227.jpg


富士北麓公園をスタートして登りながら、、まずは富士スカイライン料金所を目指します。
(写真は料金所過ぎた後)

DSC00228.jpg

しかし、料金所の随分手前でチップが記録開始したようです。。

え?、ここから??というぐらいわからなかった。。ストップウォッチを一応、ON!
調子狂うなぁ(笑


えっちらおっちら上り始めます。 一応、皆と同じペースに合わせます・・・。

つーか、えらい渋滞。左右目一杯広がっているので、全く抜こうにも抜けません。。。。

DSC00230.jpg

皆、なぜこんなゆっくりと!? というぐらいのスピードで上っています。。

早速の最初のトイレ駐車場でお休みになる方も。。

DSC00232.jpg


距離が進むごとになんとなく、、理解できてきました。。どうやら皆さん、パワーを温存というワケでもなさそうです。。(^^;;

最初の勾配がキツイ、7%~8%というのも、、どこかわかりませんでした。。。(^^;
※最初のトイレの手前だったらしい。

 まるでポタリングスピードです。。


やっと気付いて、、こりゃイカン!と、飛び出します。

DSC00234.jpg

森林限界まで(笑 一直線!

DSC00235.jpg

一合目を過ぎ、、ダンゴ状態でディスクブレーキをキイキイ言わせながら、、(笑

DSC00236.jpg


なんとか、右へ左へと・・・ 右往左往(爆


DSC00237.jpg


タイヤをウォンウォン言わせながら、29erでロードを抜きまくります。
皆さん、ふと抜かれざまにこちらを見るので視線が・・・


二合目通過!!!

DSC00238.jpg

なんとか、7千番台、6千番台の方々まで到達。

DSC00240.jpg


10.5km地点にある第一関門の樹海台駐車場です。最初の脚切り地点ですね。

DSC00242.jpg


素晴らしい天気だ!!! 結構休んでおられる方もいますね~
DSC00243.jpg


それどころではありません。。。かなり出遅れている感が。。。(汗
 皆、ロードだし前のゼッケンの方らはめちゃくちゃ速いものかと思っていました。。。

DSC00246.jpg

ギャッ!!
SURLYちゃんです。
DSC00247.jpg

「すごいですね!」とお声を掛けさせてもらった。
このタイヤ、どうやら外径は29erと同じくらいあるらしい。。(笑
「ネタですが、辛いっす..」と言ってポーズを取ってもらえた、ありがとうございます。
DSC00248.jpg

「がむばってください!!」と声を掛けて、先行させてもらう。


15km地点かな?
DSC00249.jpg

5千番台の集団まで来ました。 4千、3千の方も落ちてきます。。

DSC00251.jpg

この辺になるとバラけてきて抜きやすいのだが。。

DSC00253.jpg

おっと、前で落車発生です!!

DSC00255.jpg



ギャンギャン抜いていきます。何十、何百??人、抜いたかわかりません。。。(^^;
DSC00256.jpg



第二関門で17.2km地点の大沢駐車場です。
DSC00258.jpg


下山先頭の大会車両が下りてきました。パイロンで車線規制が入ります。

DSC00260.jpg


おや、「ドンドンドンドン」と鳴り響くこの音は!?
DSC00261.jpg

つ!、アスリートグループからなる第一下山組みが降りてきました。。
DSC00265.jpg

キマシタ!!! 太鼓です!!!
DSC00266.jpg


これは最後のフルパワーで上れよ!という合図!!!

うぉりゃっ!とグイグイ上ります!!  ガレてない、ってイイ(笑
DSC00267.jpg

四合目です!
DSC00268.jpg


・・が、またペースダウン。。渋滞です。 こりゃこのペースだと、、1時間30分は全然危ないです。。
DSC00269.jpg


なぜなら、、最後尾スタートだった故に、、この辺で反対車線が下山組みが降りてきてしまう時間帯となり、片側が規制された為、1車線になってしまって更に抜きにくくなるのです。

 不覚でした。。。orz


後ろはこんな感じ~
DSC00270.jpg

五合目まで、あとたった6kmのみ。。(汗
しかも、今までペースが乱れてきたせいで、ダンシングすると左脚が攣り気味になりだしてます。(ーー;
DSC00271.jpg


・・が、抜こうに、抜けません。。。 ハッキリ言って、これは 笑えます。
DSC00272.jpg


おや、これは山岳スプリット区間ではないですか。 ま、関係なし(笑
この前後は勾配がキツくなるのですが、たいしたことは無いように感じます。 確かに勾配だけで言うと、ヤビツ峠の方がぜんぜんキツイです。
DSC00274.jpg

 おぉぉぉ!! なんという美しい景色!!
DSC00275.jpg

遂に雲の上に出ました(笑
DSC00276.jpg

う~ん、、、追い付いちゃってダンゴです。。
DSC00277.jpg

おっ! 富士の頂上が見えてきました。 いきなり、視界が開けます。(^^
DSC00278.jpg

おぉぉ、素晴らしい。
DSC00280.jpg


・・・・なんて言ってる場合じゃない!!

あっ!!、もうすぐゴールだ!!?  最後のトンネルを通り過ぎ、、
少し周りもスピードが上がります。


ヤバイヤバイ! MTBならでは、の路肩に飛び出て、、コギます!
DSC00281.jpg


なんとか路肩から集団を飛び出し、、、


遂に(わけわからず)ゴール!!

DSCF2937.jpg

取り敢えず!、笑顔~!!!

アッハハ~こりゃ1時間30分どころじゃないぞ~(笑



~頂上から下山・帰宅編へ~




★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへf_02.gif人気ブログランキングへ


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

第7回 Mt.富士ヒルクライム行ってきました。~前日編~(6/5)

 
大会前日編です!

昼過ぎ、S澤氏が到着し、喜多見弁当で弁当を買い、ゆっくり食べてから自転車を積んで出発。

DSCF2894.jpg
今回は、二人で1台で出発だ。
DSC00096.jpg


中央高速は混みもせず、順調に高速乗って1時間ほどで到着。
DSC00099.jpg

DSC00100.jpg


今日は随分前、、3月頃に予約しておいた、「河口湖オートキャンプ場」に宿泊!!
DSC00103.jpg


キャンプ場といっても、今回はコテージです。
DSC00102.jpg



荷物を整理してからは、早速、着替えて、すぐに大会会場に前日受付に行かねばなりません。


でも、、準備の間に、、雨がポツポツ・・・・。

降り出しては弱くなり、また降り出す。。。



でも、待っていてもしょうがないので受付をしにいきます。

メイン会場にある、富士北麓公園までは混んでいてクルマでは行けないので、自転車で自走です。。
DSC00105.jpg


自転車だとどれぐらい時間が掛かるか、と聞くと、「行きは15分、帰りは1分ですよ」と、またまたS澤氏らしい答えが。。


走り出してすぐに15分の意味がわかりました。。 延々とヒルクライムです(笑
DSCF2904.jpg


調子に乗って、S澤氏と一緒にガンガン、ダンシングで上り続けます。

はい、かなり疲れました。。危ない危ない、前日に力を使い切るトコロでした。。


大会メイン会場となる富士北麓公園に到着。
雨だけど結構人がいますね。
早速「受付」を行い、パンフやお土産を受け取ります。
DSC00108.jpg

そして、ファンライド誌のブースで、ホソヌマ氏と会う。(稀にレース会場で見掛けたことはあったのだが)
DSCF2911.jpg
実は元々、私と同じ会社だったのだ。
重要な部門の担当をされていたのだが、ツール・ド・フランスの時期になると、1ヶ月近く会社を休んでは取材のお手伝いに行っていたのは有名な話。
その後、フリーランスになると会社をお辞めになった。。

しばし、お話をし、お別れする。


その後、会場内のお店巡り。
DSC00118.jpg

DSC00120.jpg

S澤氏がSCOTTを取り扱っているゴールドウインのお店で声を掛けられる。
彼がSCOTT CR1に乗っているからだろう。アンケートに答えている間、私は消臭グッズの説明を受ける。

なんでも、着替えたあとの服とかでもこのグッズを一緒に入れておくと消臭してくれるというスグレものらしい。

100円だし、面白いので、早速購入。
ふと、説明してくれた人の顔を見ると・・・・・

  あれ? NI:SHIさん??

某SNSでA山で一緒に走ったこともあるNI:SHIさんでした。 どうやらお手伝いに来ていた模様。

しばしお話したあとにお別れ。
またA山でご一緒できればいいですね。

DSC00122.jpg

今度はライトウェイのブースで、ペドロスのチェーンクリーニングを無料でやってくれるというので、
私のマンバを預ける。
DSCF2916.jpg
9faeag0000001n19.jpg
110571_540.jpg

いやはや、興味はあったのだが、今まで購入に踏み切れずにいた。
このツールはなかなか便利にキレイにしてくれる。
ついでに新しいチェーンルブをさしてもらい、完了。ありがとうございました。




DSC00124.jpg

スペシャのブースでは竹谷さんが。。
毎週レースやイベント続きでスゴイですね。。。
DSC00133.jpg

ちょっと小腹が空いたので、トウモロコシをば。。
DSC00135.jpg

まるでお祭りですな。。



さて、一通り歩いた後、基地に戻ることとした



、、と、その前に、一応、明日のスタート後の計測開始となる料金所を視察に。
DSCF2923.jpg

またもや、、上りです。。って当たり前か。 スカイラインだもんね。
DSCF2924.jpg


おや? あれか?!
DSC00138.jpg


ここがスカイラインの入り口で、レース計測開始ポイントとなる場所です。
DSC00141.jpg

明日は北麓公園をスタートし、ここから25kmヒルクライムの計測開始となります。
DSCF2926.jpg



帰りは、下りなので一気にバビューンと。
DSC00142.jpg
DSC00143.jpg


戻ってきました。
DSC00146.jpg


取り急ぎ、袋の中からチップを取り出し、フロントフォークに取り付けておく。
DSC00145.jpg


この後、朝食を買ってから、西湖にキャンプに来ている会社関連の方々のところに寄る。
DSC00150.jpg

DSC00153.jpg

DSC00159.jpg

DSC00167.jpg

暗くなったので、お別れを告げ、今度は温泉へ移動
DSC00165.jpg



こちらは河口湖にある、野天風呂天水
DSC00168.jpg

DSC00172.jpg


そして、ちゃんとした食事を取るべく、次にロイホへ!!
DSC00175.jpg

なぜロイホかというと、、、

そう、某やましたさんのブログで(秘密だったらしいのだが)、パンケーキ食い放題とやらをやっているらしくそれに行ったということを知り得たのだ。

減量だというのに、そのロイホのパンケーキとやらは?、ということで今回、S澤氏と秘密裏に訪問してみたというワケ。
DSC00176.jpg

おっと、申し訳ない、秘密だということなので、秘密にしておいてもらいたい。(笑



・・・が、しかし、キビシイ。

食い放題ではなかったのだが、、1個注文しただけで、、とても食べられそうにない。。
DSCF2935.jpg


それでも無理矢理口に押し込む。 完食したが、、確実に食い過ぎだ
DSCF2936.jpg


明日がレースだということを忘れていたようだ。
くれぐれも、、レース前日にパンケーキを無理矢理食べたことは、秘密にしておいて欲しい。


さて、食事後、ヒィヒィフゥフゥ言いながら基地へ帰還。


ちなみに、コテージの中は少々殺風景。
S澤氏の背中も妙に哀愁が漂う。
DSC00178.jpg


曰く、私のクルマの中と同じ雰囲気らしい・・・・・



そ、、そういえば、そう見えなくもない。。(^^;;



さて、ジャージにゼッケンをつけて準備を行い、明日のパンフや各種資料にに目を通す。
DSC00179.jpg

これは登頂前に下山用の上着や防寒着を入れた袋を預けるための説明資料。 明日は朝6:00までに会場内にある所定のゼッケン番号のカゴに預け無ければならない。
DSC00180.jpg



そして少々遅く、23:00頃に就寝。 
DSC00182.jpg


オヤスミ。


~当日編に続く~




★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへf_02.gif人気ブログランキングへ


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

第7回 Mt.富士ヒルクライムに行ってきま~す

 
行って参ります。


出場は、MTBクラス。

29erでの参加です。 ゲイリーフィッシャーマンバにて。

DSC00093.jpg


DSC00090.jpg


S澤氏が到着次第、出発!!!

DSC00094.jpg




★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへf_02.gif人気ブログランキングへ


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ブログ用カメラ 機種変更の巻き! NikonCOOLPIXP6000 SONY DSC-TX5

これが現在、ブログ用に使っているカメラだが、、愛用のNikon COOLPIX P6000だ
a284717.jpg
ニコン最高の高画質高機能コンパクトデジカメだ。既に購入して1年半?ぐらいになる。
普段からライド時にはディバッグのサイドポケットに忍ばせている。
今でも現行品でニコンの最高級コンデジらしく、GPS付きであったり、アクセサリーシュー付き、多彩な機能や13.5メガピクセルの圧倒的な描写力、レンズは広角28mmからで何よりニッコールEDレンズ/VRの描写は素晴らしい。
デジイチからニコン党の私には最高だ。


・・・が、最近、使いにくいと感じていることがある。


それは重い(バッテリー抜きでも240g)、ということと、高級機種なのに雨や泥まみれになり、もちろん雨の中では使えない。そして、起動してすぐに撮影して、大きいこともありすぐにしまえない、といったこと。
もちろんこれは高画質カメラで、コンパクトの概念を越えたコンパクト、ハイレベルな撮影力をもつための仕様だ。
仕方が無いことだった。





・・・しかし、やはり、、、、最近、どうにも買い換えたくなったのだ。。


薄く軽く、防水で防塵で対衝撃で、高画質で、すぐに撮影できてすぐにしまえるコンデジを。

候補は、CASIOのEX-G1、OLYMPUSのμ-TOUGHシリーズ、PanasonicのLUMIX DMC-FT2、そしてSONY DSC-TX5。


その中で悩みに悩んで購入したのが、コレ。
5025027.jpg
SONYのDSC-TX5。
 ※個人的に要求するスペックの全てを持っていたのがコレだった為で、他のどのメーカーもカメラとしては良いのでお間違えなきよう。(汗

EX-G1は私は一番持ち易かったのだが、広角側が38mmからというのと手ブレ防止機能が無いのが敗因。
μ-TOUGHシリーズは電源入れてからメカニカルシャッターが開いて記録できるまでの時間が長い。。
上位の8010だと高い。
FT-2は性能的にも評判的にも良かったのだが、、何かがひとつしっくりこない。
対して、SONYのTX5は、FT-2よりも安くて軽くて、なんと連写が10コマ/秒可能なのと広角側が25mmからという点が決定的。



ということで、買ってきましたよ。(^^
DSCN9126.jpg

秋葉原のあきばお~0号店2階で、現金2万4千円台にて。 もち最安です。
DSCN9153.jpg

色はもう少しカラフルだったら良かったのだが、、選択肢が無かったのでブラック!。
DSCN9154.jpg



これでバイクで走りながらも(雨の中や泥の中でも)、、前面のスライド式レンズカバーをスライドするだけで電源が入り、すぐに撮影ができる!。


当然、防水、防塵、対衝撃、耐寒-10度はもちろんだが、カール ツァイスレンズで広角が25mmからで、最新の裏面照射型CMOSセンサーのExmor Rで暗いところでのノイズが従来の1/4で失敗も少なく露出に神経質にならないでいい。
そして高速10コマ/秒でバイクの素早い動きも撮影可能!!
このモデルからSD/SDHCカードが使えるようになり、重量がなんと128g(バッテリー除く)しかないので大幅な軽量化を達成!
走りながらでも、撮影したらシャッターを下ろして仕舞うだけで電源も切れているという素早い収納が可能なのだ。
走りながら、、という特殊な環境でなんと使いやすく、高性能なことか。


おまけに、面白い機能として、「逆光補正HDR(ハイダイナミックレンジ)」により、高速連写した2枚の画像を合成してダイナミックレンジを拡大する機能や、最大258度のパノラマ画像を簡単に作成できる「スイングパノラマ」が素晴らしい。もちろん、ハイビジョン動画撮影も可能。


これはきっと里山の中やバイク旅行でも威力を発揮してくれるに違いない。(^^




何より、今週のヒルクラでは軽量化でいいこと尽くめなのだ。

どんな写真が撮れるか、楽しみ楽しみ!!


以上、ウンチクだらけのしょうもないブログネタでした(笑



★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへf_02.gif人気ブログランキングへ


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

第7回アドベン富士見の写真入り記録証が届いたよ。

 

今年も届きました!アドベン富士見の記録証。

じゃじゃん。

ポーズは!!

DSCN9122.jpg


ダンシングぅ~!!・・・・って、、   今年は斜めかいっ!!


DSCN9123.jpg

しかも動画からおこしているのか、、顔が潰れているぜよ。。orz

口の周り?が黒っぽくなってて、、顔判別できず。

・・・これじゃまるでタイショーくんじゃないか。。
タイショーくん


あれ?・・・順位が確か・・・・ シゲピンさんは?(笑


ちなみにNETで写真がアップされていたのでGET!。
1312.jpg
1310.jpg
1028_01.jpg
1029_01.jpg
いつも写真有難う御座います、信州ふぉとふぉと館さま。

でした。




★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへf_02.gif人気ブログランキングへ


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ヤビツ峠ヒルクラ&負荷をかけたロング練(5/30)



ウイッシュ!
来週末の富士ヒルクラに向けて、、富士見から全く練習していなかったので、ここは一発!とヒルクラ練習に。



午前中は子供と遊び?、午後から出動。

目指すは、 ヤビツ峠!
DSCN8992.jpg



今日は残念ながら天気がおもわしくなく、気温も低いです。。
一応、雨雲レーダーで見た限りではヤビツ方面方面も雲はありませんでしたので強行となったワケです。
DSCN8993.jpg

交換したばかりのフューリアスフレッドは軽快そのもの!! 転がりがイイ!! バビューンと多摩サイを北上!
DSCN8994.jpg



もち、いきなり和泉多摩川駅から輪行です。(爆
DSCN8996.jpg



小一時間で、秦野駅に到着。
早速、バイクを組み立て。
ヤビツアタック初めてのMTBです(笑
DSCN8998.jpg


駅から246号までアップしながら移動。


スタート地点となる名古木交差点です。
DSCN9000.jpg


ここまで自宅から10km程。
サイコンをクリアし0にセット。
DSCN8999.jpg

時間は14時48分に、スタート!! (いいかげんにストップウォッチを使えよって感じですが。。)
DSCN9001.jpg


うぉりゃぁぁと民家を駆け抜ける。
DSCN9004.jpg

・・といってものんびり気味だけどね、ここで飛ばしチャいかん。
斜度が緩いトコではキープ速度、斜度がキツイところほど頑張れと、ファンライド誌に書いてありました。(爆
雑誌受け売りですが、、自分より速い人達のことは全部参考になります。
あと、4合目まで我慢して、残り6km?ぐらいで全力を出す、みたいなことも。シャ乱Qのまこと氏だったか?
DSCN9005.jpg

途中コンビニ分岐点を5分後に通過。
そしてここから先が本格的なヒルクライムが始まります。
鳥居から蓑毛バス停までが一番の難所。
DSCN9006.jpg

浅間神社付近を通過。
DSCN9007.jpg
このタイム(覚え)
DSCN9008.jpg

菜の花台を通過!
DSCN9009.jpg

DSCN9010.jpg
このタイム(覚え)
DSCN9011.jpg

終盤戦を駆け抜けます。
DSCN9012.jpg

ちょっと調子いい。
DSCN9013.jpg

今回はできるだけ、軽いギアでケイデンスをあげる方法ではなく、、重めのギアで29erのタイヤ外径を生かしたスピードに乗せた走りをしてみます。
もち、フロントインナーは使いません。リヤ36tもほぼ使いません。(センターぐらいか?)
DSCN9014.jpg



頂上に到着!
DSCN9027.jpg



タイムは53分43秒...

DSCN9015.jpg

15時42分だから大体あってるかな。
ロードのコルナゴより、、自己ベスト記録(爆
DSCN9016.jpg

藤棚のコンビニ(デイリーヤマザキ秦野藤棚店)からだと、大体48分相当かな?。
DSCN9017.jpg


なんと結局、フロントインナーは使わず上りきれた(笑
MTBだから当たり前か?! ロードだと、ギア足りなくなったりしたが。。

DSCN9024.jpg

しかし、New舗装路用タイヤ フューリアスは素晴らしい。回転抵抗をあまり感じさせない。
いつもなら重く感じるところをなんとかギアを保ったまま漕ぎ続けることができる!

29erの舗装路用タイヤとしては最高なのでは?!

DSCN9025.jpg



さて、少しだけ休んだ後、寒いので、、ウインドブレーカーを着込んで、帰りはこのまま裏ヤビツ側に降ります。
DSCN9029.jpg

う~~これが寒い・・・
DSCN9032.jpg
ガクブルです。。
DSCN9036.jpg
DSCN9037.jpg


どのぐらい下っただろうか、かなり頂上から降りてきた。

・・・・実はここが名古木交差点から25km地点。

DSCN9045.jpg

そう。
富士ヒルクラのコース(富士山の五合目)は全長25km。

つまり、、、さっきのヤビツの頂上の12km地点から更にこの25km地点までずっと上らなければならないのだ。。


DSCN9044.jpg

結構長いぞ!? こりゃ富士ヒルクラではセーブしながら上らないと厳しいか?
DSCN9048.jpg

初出場なのでどんなペースで、、どんあ走り方をすればいいのか、わからない。。
雛鶴峠みたいなもんか?? ありゃぁ一度飛ばして 撃沈している 経験あるからなぁ(笑

DSCN9053.jpg

時間があれば再度、雛鶴峠チャレンジとかヨカッタようなのだが。。 不安になってきた。
富士ヒルクラは、押して歩いているカモ。。(笑

DSCN9056.jpg


気を取り直し、、突き進むと、やっと宮ヶ瀬湖へ到達。
DSCN9057.jpg

DSCN9060.jpg
ここまでで32km.
DSCN9061.jpg
やまびこ大橋を渡って橋本方面へ。
DSCN9066.jpg
DSCN9067.jpg

臭い牧場??の横を通り過ぎた。夏ではないので然程気にならなかったが、場所は覚えた。
DSCN9068.jpg

やっと相模川だ!
DSCN9070.jpg

前回、トレイルに行ったときの、小倉橋に到着!!
DSCN9072.jpg

この時点で、17:30、 距離にして名古木交差点から約50km!
DSCN9074.jpg

DSCN9077.jpg

ズビューンと飛ばして、、なんとか16号まで来たぞ。。
DSCN9081.jpg

橋本駅で、サドルの角度とハンドルのライズ?、角度を調整。

そして、そのまま尾根幹方面へ移動!!!
DSCN9085.jpg

尾根幹までが、18:00、60km地点でした。
DSCN9087.jpg

これで自宅から逆算すれば大体の距離感や練習の目安になります。
DSCN9090.jpg

今回の第二目標、尾根幹カッ飛ばし練習~!!!

またまた、休まず、フロントアウターで飛ばします!!
殆ど休まず、ずっと負荷を掛けながら走ってきました。
DSCN9092.jpg

自宅には、「暗くなるまでには帰る」、、、と言い残して出てきたからです、(^^;;;

DSCN9093.jpg
DSCN9094.jpg

汗汗。。。
DSCN9095.jpg

ヒルクラ以外は極力30km/h以上で巡航して負荷をずっと掛けてます。。
DSCN9097.jpg

ここが尾根幹の終着点。
つまり、自宅側からだと、ここがスタート地点。
南多摩尾根幹線道路の標識がある。

しまった、この尾根幹の距離を測っておけばよかったな。。

でも、全体的には走りやすかった。

強度もそんなにいらなかったよ。練習にはなるかもね。(^^

DSCN9102.jpg

そんなこんなで、稲城駅と稲城市役所の前を通り過ぎ、、  もう暗くなってきました。。。
DSCN9104.jpg

多摩川へ到着!! 写真より実際は暗くなってます。。。
DSCN9106.jpg

矢野口から多摩川原橋を渡り、、
DSCN9110.jpg

多摩サイとカッ飛ばし、、、和泉多摩川駅前を通り、
DSCN9111.jpg


やっと世田谷の自宅へ到着!!!

DSCN9121.jpg


フロントインナーを一度も使わず、ヒルクラ以外では極力30km/h前後で巡航しながら負荷を掛けて走ってきました。

246号の名古木交差点から、83.84km。
到着時間が、19時17分で、丁度暗くなったときでした。


ヤビツへのアタックが、14時48分だったので、4時間少し(実走行時間3時間44分)で帰ってきたことになります。(^^v
一段上のギアを心掛けて負荷を掛けたので、、ケイデンスは57rpmと低いですが、平均速度は22.3km/hでした。

フロントインナー使わず、なかなかの練習になったのではないでしょうか。


尾根幹(18:00、60km地点)の奥まで、自宅からは片道1時間20分、23km掛かることも確認できたし。

名古木交差点で、サイコンをリセットしたので、今日の自宅からの総走行距離は94kmほどでした。





★面白かった、参考になったと感じた方!(笑 ポチッとクリックご協力お願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへf_02.gif人気ブログランキングへ


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

ブログ全記事表示

プロフィールと愛車達

GAGAのプロフィール

Author:GAGA

~29er乗りのサイクルスローライフ~


マウンテンバイクからロード、スノーボードにフライフィッシングからキャンプ、サバイバルゲームからプラモデル/フィギュア、ラジコン、デリカD:5等々、多趣味な40男のブログ。

開く

高脂血症の食事療法

【食事療法編】

★食事のポイント
(コレステロールが高い場合)
・エネルギー量の制限
・コレステロールを多く含む食品の制限
・食物繊維の摂取をふやす
・P/S比を上げる※1
 ※1:P/S比は、血中コレステロールを低下させる作用がある多価不飽和脂肪酸(P)と、増加させる作用がある飽和脂肪酸(S)の摂取比率。

★高脂血症を防ぐ食事の基本
1. 偏らず「栄養バランスのよい食事」を。
2. 摂取総エネルギー量を抑えて、適正な体重を保つ。
3. 飽和脂肪酸(おもに獣肉類の脂肪)1に対して不飽和脂肪酸(おもに植物性脂肪や魚の脂)を1.5~2の割合でとる。
4. ビタミンやミネラル、食物繊維もしっかりとる。
5. 高コレステロールの人は、コレステロールを多く含む食品を控える。
6. 中性脂肪が高い人は、砂糖や果物などの糖質と、お酒を減らす。

★コレステロールを下げる食品の分類
食品
※体内にあるコレステロールの7割前後は、体内で合成されています。
※血中のコレステロールを増やす食品として明らかになっているのが、飽和脂肪酸です。逆に体内のコレステロール値を下げる働きをするのは、不飽和脂肪酸を多く含む食品です。
※ポテトチップスは食品としては全くコレステロールを含んでいないし、チョコレートや即席麺に含まれるコレステロールもわずかだけど、体内でコレステロールを増やす働きがあります。 ※コレステロールが多く含まれている卵の黄身や肉の脂身、魚卵、イカ、エビ、ウニなどは控えめにし、バターやマヨネーズなどは使わずに植物性のドレッシンクを使うようにしましょう。  また、野菜、大豆製品(納豆・豆腐・煮物など)は毎食食べるようにし、野菜以外でも繊維分を多く含む食物(コンニャク、サツマイモ、キノコ頬、海藻頬など)は積極的にとりましょう。 繊維分の多い食物はコレステロールを体外へ出しやすくします。

=================================

   My Bike   

★Mountain Bike 愛車★
 ●Gary Fisher/ゲイリーフィッシャー 29er
  '09 MAMBA
   w/09 FOX F29RL 80mm G2
  MAMBA

★Road&Cross&MiniVero Bike 愛車★
 ●'08 COLNAGO CLX
  COLNAGO CLX
 ●'09 GIANT ESCAPE R3 ジテツウ仕様
 ●'10 BS JOSIS wgn

開く

 以前所有していた自転車

高校の頃はセパハン付けたNSRレプリカの自転車...

1994年~:GT TEMPEST
        GT AGGRESSOR
1996年~:GIANT XCX-SE 24in
1996年~:Yeti KOKOPELI
        Yeti LAWWILL4
1998年~:YETI ARC
2002年~:YETI AS-R
2007年~:Cannondale GEMINI
        Cannondale F300
        Cannondale F2000SL
2008年~:Cannondale '05Scalpel US
        Cannondale '06RUSH
2009年~:Cannondale '08Scalpel
2010年~:Cannondale '10 HOOLIGAN 9

~現在に至る~

=================================


↓自転車ブログに参加しました! ランキングのためポチッとお願いしますね! (^^
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへにほんブログ村 自転車ブログ 29erへ
にほんブログ村
↑他にも沢山の自転車ブログが集結していますよ。是非見てみて下さい。

FC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
Mail to:

目標とスケジュール!

開く

 ●2011年の目標とスケジュール/イベント

【2011年の目標とスケジュール】

★3月5日 東京エンデューロ 2011 River Stage★
 <コーポレーション2人チーム ロード出場!>
 COLNAGO CLX


5月より中国・上海へ転勤となったため、以降レーススケジュールは白紙に。

★5月15日 第8回アドベンチャーイン富士見★
 < MTB50km エントリー済み! >
 29er '09MAMBA
 ※震災の影響で大会開催中止※

★6月12日 第8回Mt.富士ヒルクライム★
 < 一般24kmロードエントリー済み >
 結果:DNS  COLNAGO CLX

9月○日 ホノルルセンチュリーライド2011
 <ハワイ-オアフ島/100mile参戦予定>
 COLNAGO CLX
------------------------------
※注釈
★赤色★:エントリー決定済 / 参加済み
☆グレー☆:エントリー計画中....
○グレー○:その他 イベント
------------------------------


開く

 ●2010年の目標とスケジュール/イベント

【2010年の目標とスケジュール】
GAGA2のアドベンチャーイン富士見に向けて

★1月4日 走り初め茅ヶ崎~府中ライド★
 <初走!!>
 29er '09MAMBA
★1月23日 SAT 2周年記念オフ@A山★
 <記念オフ参加!!>
 29er '09MAMBA
★3月27日 #1オフ練&花見★
 <チーム○○○○○MAPオフロード練習>
 29er '09MAMBA
★4月3日 三浦半島1周LSD練★
 <チーム○○○○○MAP LSD練習>
 COLNAGO CLX
★4月29日 6トレライドへ変更★
 <チーム○○○○○MAP HC練習>
 29er '09MAMBA
★5月5日 大名栗林道ヒルクライム★
 <チーム○○○○○MAP HC練習>
 29er '09MAMBA

★5月16日 第7回アドベンチャーイン富士見★
 < MTB50kmタイム40分短縮して完走! >
 29er '09MAMBA
★6月6日 第7回Mt.富士ヒルクライム★
 < MTB男子クラス 無事完走!! >
 29er '09MAMBA

★7月23日~25日 ネイチャートリップ!
 ecoツアー in 伊豆大島への島旅★
 < 会社を飛び出し、夜の竹芝桟橋から
  MTBで島一周の旅に.... >
 29er '09MAMBA

☆9月11日 大名栗林道ヒルクライム☆
 <ガレ場ヒルクラツーリング>
 29er '09MAMBA

☆9月19日 SDA王滝クロスマウンテンバイク☆
 < MTB100km参戦!
  王滝まで辿り着けずDNS..>
 29er '09MAMBA

☆10月23日 ゆるゆる浜名湖サイクリング☆
 <浜名湖1周サイクリング企画参加!
  一応、一周してきたよ~>
 29er '09MAMBA

------------------------------
※注釈
★赤色★:エントリー決定済 / 参加済み
☆グレー☆:エントリー計画中....
○グレー○:その他 イベント
------------------------------

開く

 ●2009年のおもゐで/RACE

【2009年のおもゐで -参加RACE】

★2月21日 初ヤビツ峠 ヒルクライム輪行★
 <一人旅 行ってきた!>
 COLNAGO CLX
★3月1日 knpr尾根 ヒルクライムツアー★
 <五日市方面 参加してきた!>
 08 SCALPEL

   [雪山行事]
 ○3月14日 オール○○ SKI大会○
  男子スノーボードクラス
  <志賀高原/一の瀬ファミリースキー場>
    <参加してきた!>

★3月29日 #2ヤビツ峠ヒルクライム輪行&
  裏ヤビツ~宮ヶ瀬湖~津久井湖~
  高尾~日野橋~多摩サイツーリング★
 <一人旅 行ってきた!>
 COLNAGO CLX

★4月11日 大名栗林道ヒルクライムツアー
 <埼玉県 大名栗林道 参加してきた!>
 08 SCALPEL
★5月10日 狭山湖近郊トレイルツアー
 <埼玉県 狭山湖近郊 参加してきた!>
 29er '09MAMBA
5月17日 アドベンチャーイン富士見50km
 <富士見パノラマ MTB50km完走!!
 Time短縮!! >
 29er '09MAMBA
5月31日 セルフディスカバリーアドベンチャー
 SDA in 王滝42km

 <長野県木曽郡王滝村START
 エントリー済み!! >
<子供の運動会と重なり、DNS> 29er '09MAMBA


★7月20日 第二回 チキチキ!海の日に山に行こうトレイルツアー
<五日市方面 TRTR温泉、UMNK峠、UMNK峠、FTDK峠>
 29er '09MAMBA

★7月25日 富士山1周トレーニング
 <富士山周回 約120km>
 COLNAGO CLX

○夏季休暇 実家帰省○
★8月10日鹿児島県 桜島 1周ライド★
 <実家から自走して1周し帰宅>
 COLNAGO CLX

★8月14日鹿児島市内~陸回りで桜島へ ツーリング★
 <薩摩半島~大隅半島経由~桜島>
 COLNAGO CLX

9月27日 ホノルルセンチュリーライド2009
 <ハワイ-オアフ島開催/ 100mileタイムアップ!!
 100mile走破&タイム短縮済!! >
 COLNAGO CLX

開く

 ●2008年のおもゐで/RACE

【2008年のおもゐで -参加RACE】

★2月24日 a.b.c cup Vol.39出場
 <幕張 参加!!>
 SCALPEL
★4月27日 大名栗林道 参加!
 <埼玉県 飯能方面 大名栗林道>
 RUSH
5月18日 アドベンチャーイン富士見50km
 <富士見パノラマ MTB50km完走!>
 RUSH
8月2~3日
 会社同僚 富士山登山イベントの
 ベースキャンプ担当を兼ねた....
  第3回 富士MTBサマーキャンプ
  24時間エンデューロin小山
  (8時間ソロ 出場!!)

 <静岡県小山町 - 富士山麓>
 RUSH
★8月31日
 大名栗林道 中止のため......
 S尾根 DHツーリング 参加!!!!
 <奥多摩方面>

 RUSH
★9月6日
 第三回チキチキ柳沢峠ヒルクライム大会
 <奥多摩方面 参加!!! >

 SCALPEL
  ○5~9月 一人遊び自粛期間(終了) ○
9月14日 セルフディスカバリーアドベンチャー
 SDA in 王滝100km

 <長野県木曽郡王滝村 参加!!!DNF>

 RUSH
  ○11月 多摩サイに引越し○
★12月14日
  Trail7に走りに行こう!
  <埼玉県飯能市「Trail7」(仮名)> --雨天中止--
08 SCALPEL

開く

 ●2007年のおもゐで/RACE

【2007年のおもゐで -参加RACE】
★11月11日 マウンテンバイクレースイン緑山
 スタジオ・シティ/ WD-40レース 35-39才クラス出場
F2000SL

2007年6月。
MTBで走ることの目標、このブログのきっかけとなったイベント。
9月30日 ホノルルセンチュリーライド2007
 ハワイ-オアフ島開催/ 100mile走破!

F2000SL
SANY0301.jpg



リンクツリー
時刻と天気予報

-天気予報コム- -FC2-


QRコード
QR
ブログ内検索&カレンダー
●ブログ内検索●

05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

●現在までの全ての記事タイトルを「一覧表示」する●


最近の記事とコメント/ツリー表示


●全ての記事を一覧表示する●


記事のカテゴリー別表示
ユーザータグ

上海 中国 東京エンデューロ エンデューロ TOKYO Stage River 王滝 9王 SDA マンバ 29er MAMBA MTB 富士ヒルクライム ゲイリーフィッシャー GARY 29er FISHER 355 Raven ZTR NoTube ゲイリー アドベンチャーイン富士見 MAMBA CLX COLNAGO コルナゴ センチュリー ホノルル GAEY ダイナパック DynaPack トピーク TOPEAK キャノンデール 砧公園 富士見 MOTO Cannondale RIZE アドベンチャーin富士見 TOKYOセンチュリーライド RUSH ラッシュ スピナジー SPINERGY 境川 ポタリング F2000SL SCALPEL レフティ LEFTY 東京センチュリーライド スカルペル GARMIN 

RSSフィード








実際に使用している商品紹介!2


【オススメ品】フィニッシュライン(FINISH LINE) バイクウォッシュ 1000ml


フィニッシュライン(FINISH LINE) イージープロブラッシュセット


フィニッシュライン(FINISH LINE) テフロンプラス「ドライ」ルーブ 60ml


【オススメ品】フィニッシュライン(FINISH LINE) クロスカントリー「ウェット」ルーブ 60ml


イベント用テントのシナノテント


【入荷致しました! 】ネーム入れ(名入れ)無料サービス中! MTB耐久レースのピットや、里山ベース、チームイベント等に超使える!!!...





マキシス フライウェイトチューブ 仏式 26インチ×1.9-2.125


MAXXIS マキシス XCタイヤ MONORAIL モノレール
マキシスの2008年最新XCモデル!!!! 取り敢えず、モノレールだ!!お奨め!!
転がりとグリップ、クッション性を両立させた新作クロスカントリータイヤ
センターには小さなブロックが連続して配置され、転がり抵抗の軽減に貢献しています。
ミドルブロックは間隔が広く配置されることで泥詰まりを無くし、サイドのC字型のブロックは高いグリップ力とコントロール性能を誇っています。


マキシス アドバンテージ 26×2.1
少々ウェッティな里山でも使える!! XCオールラウンドのハイグリップタイヤ!
フリーライドにも最適なハイグリップXCタイヤ 大量のエアボリュームと大きなサイドノブが特徴のアリソン・ダンロップがデザインしたオールマウンテンタイヤです。
対向した平行四辺形のノブが登りとブレーキングに威力を発揮します。
傾いたセンターノブが転がり抵抗を最低限に抑え、間隔のあるノブデザインが泥をすばやく落とします。


MAXXIS マキシス XCタイヤ RANCHERO ランチェロ
街でもレースでも使用可能なオールラウンドMTBタイヤ 独特なブロックパターンの配列は、驚異的な転がりの軽さとサイドグリップを両立させています。
特徴である大容量のエアボリュームがハードテールバイクでは吸収しきれないショックを吸収し、ソフトでしなやかな乗り心地を提供してくれます。
その性能と乗り心地はMAXXISサポートライダーも絶賛しています。



MAXXIS マキシス XCタイヤ IGNITOR イグナイター 26X1.95



hydrapak(ハイドラパック) リサーバーセット 1.5L


0827秋先5【10,500円以上送料無料】Hydrapak[ハイドラパック]リザーバーキット 2.75L


トピーク ダイナパック


CATEYE CC-CD300DW


RESPO(レスポ) アッセンブルオイル 20ml


RESPO チタンスプレー 100ml


ジロ アニマス ヘルメット


0827秋先5【10,500円以上送料無料】POLAR※9月30日迄[ポーラー]ポーラーボトル小※ポーラーボト...


OD BOX

里山を走ろう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。