スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008 アドベンチャーイン富士見 レース当日詳細レポ!! ~~【3】~~

前日からの続きです。

さて、いよいよ当日の朝になりました。


SANY2349.jpg


SANY2347.jpg



4:00にケイタイの目覚ましで目が覚める。 う~ん、、、ちょっと眠い。

外を見てもほとんど動きがないので、ちょっとぬくぬくとする。

そのうち、取り敢えず、トイレに行ってくる。係員の人に何時からバイクを並べてよいか、聞く。
どうやら招待選手やエリートの面々、+10kmRUNの人などが優先のようだ。
へいへい、、目立ってもしょうがないので、バイク並べは後にします。
SANY2348.jpg


意外と暖かい。よかった、これなら上は長袖ジャージ2枚でOKだ。
そのうち、ザワザワ。会場アナウンスが始まり、もうバイクを並べているゼッケンNo○○○の人、どかして!と言われているようだ。(^^;;;

ミルクケーキと固形食料を食べる。アミノバイタルも飲む。
まったりとしているうちに、そのうち、バイク並べてください、とコールがあったので並べに行った。

時間もまだあったので戻ってきて、ゆるゆると着替え。 心拍計もセット。
SANY2352.jpg

ボトルにアミノバイタルを薄く水で溶いた、水を入れる。約750mlだ。
ドイターのスピードライトに入れた、ハイドラパックにはアミノバイタル900mlを投入。

忘れ物に注意。美味しそうなお菓子だけは忘れずに。 

皆並んでいるのに開会式の目の前で撮影開始。
SANY2355.jpg

そのうち、皆さんバイクを立てスタート準備!、とMCからコールされているのにまだ動画撮影している、オレ。
これはマズイ。。
皆から見られているようだ。(笑
SANY2354.jpg

ここでバッテリー取りに帰る。

そそくさと皆さんの列に戻って、バイクを立てて準備。

いよいよスタート1分前だ。 ちょっとドキドキ。
SANY2357.jpg

スタート位置は右の2列目の真ん中ぐらい。
SANY2358.jpg



7:00に遂に「ファ~ン」と
スタート!!です




中央の1列目がスタートです、皆さんカッ飛ばしますね~
SANY2359.jpg
     ↑ここに10位内に入ったあのバイクと選手が・・・(別記事にて)


そうこうしているうちに2列目もスタートです。
SPDバチバチ嵌めます!

まずは富士見パノラマスキー場の前の舗装路を降りていきます。
ガンガンスピード出ます。
SANY2362.jpg

SANY2363.jpg

メーター読み50km/hは出てますね~! そんなに抜かさなくとも大丈夫ですよ~(笑
こっちが怖いから、集団から一歩引きます。
SANY2364.jpg


先頭に先導車が走り、招待選手達が続きます。
SANY2365.jpg




沿道には地元のおばあちゃんやおじいちゃん、子供から若い夫婦、姑?まで家族総出で旗を振って声援です。

ありがとう!、でも声を出すほど余裕はない(笑

ついでにマネキンの案山子も見送ってくれる。(怖いぞ)

SANY2366.jpg

20号まで降りてきてから、右折し登り始めます。ここまで約4kmでした。 最高速56km/hを記録。
そのうち、道幅も狭くなり、舗装路は急な坂へ。

なぜかガンガン抜かれます。落ち着け、勝負はこれからだ。

そして、未舗装路のダートへ突入!
ヒイコラヒイコラ登っていきます、が、「抜かれまくり」です。(笑

おかしいな。

景色も変わり、結構登ってきてはいます。でもまだまだ。
SANY2369.jpg


この最初の登りが勝負です。
この先のダートの登りだけで約11km以上は覚悟 しなければなりません。




ガンバ!!!!オレ!!


でもなぜか脚が回りません、、、いつもの冴えもありません。 
・・てかかなり疲れる。 この前の大名栗林道の登りはどうした!?
もっとリズムよく、ダンシング!ダンシング!してこんな上りは簡単に上がってたはずなのに、、、、


今日はか~な~り疲れるな?

もうハンガーノック?、周りの連中がスゴイ?、そんなこんなを考えていてついつい、





「あ、、脚着いた。(笑 」



スタート地点から8kmちょいで脚を着いてしまった。
なんてことだ。(恥
こんなはずじゃないのだが・・・・・


「イイ景色だ」と遠くを見る。
ちょっとハイドレーションから飲んで、固形食食べて、、休憩してまた乗り出す。


心拍が上がりきれていないのか? それともまだこれからエンジンが掛かるのか!?

でももう撮影大会だな、、と思いつつ、、隣にLiLiSukeさん発見。同じように撮影してる・・・・でもすぐに行ってしまった。
SANY2376.jpg

SANY2377.jpg

SANY2379.jpg



最後のきつい上りなんてとても上れない状況。押して歩く。(笑
押すのも腰が痛くなってきた

やっと
第1エード(約10km地点)に到着。

もうすでにヘロヘロ。。。。
SANY2367.jpg

情けない、、なぜだ!? いつもはこんなんじゃないのに。
昨日試走時にお話したジャイアントのTRANCE2[トランス](?)乗りの方も同じぐらいのペース

ちょっと休憩して、飴を頂き、ジャージのポケットに忍ばせる。
水分もお菓子も補給。
SANY2368.jpg

まだまだ、これからだ、と自分に言い聞かせると同時に、 前半の登り、まさに自己との戦い」と書いてあったパンフレットの見開きを思い出し、やるせなさがこみ上げる。
でももう脚は売り切れ状態。 (←既に負けてる人)

再スタートするが、まだまだ登り。
途中でもう動かなくなっている人もチラホラいるが、、、結構皆速い?? ペース速いよね!??
SANY2370.jpg

 ↓おぉ、、写真見返すともしや最後までご一緒だった方ではないか??
SANY2371.jpg


SANY2373.jpg



止まったり押したり、乗ったり、交互に繰り返し、、、

やっと第2エード(約15km地点)へ。



小休止後、すぐにスタートするが、やはりあまりスピードはあがらない。
SANY2375.jpg

気持ちと裏腹に、景色だけは素晴らしくなってくる。
SANY2380.jpg

SANY2381.jpg

SANY2382.jpg

段々と肌寒くなってきた。既に標高1800m越えだ。

周りは霧も出てきた、、急に天候変わるなぁ。。
SANY2383.jpg

SANY2384.jpg


上りますよ~。
SANY2385.jpg

まだまだ~・・・
SANY2386.jpg

SANY2388.jpg

SANY2389.jpg

SANY2390.jpg


もう標高1900m近い、、、寒いよ~・・

と思ってたら、、、
SANY2391.jpg



「 雪かよ!! 」


SANY2393.jpg

雪の壁を見ながら走ります。
SANY2392.jpg

SANY2394.jpg


木の種類も変わってきますね~、針葉樹?っぽいのに変わっている。
SANY2395.jpg

霧にも包まれました。
SANY2396.jpg


さぶい


SANY2397.jpg

しかし、標高1900mで上りから斜度がなくなったりはするが、、、地図では平坦とは書いてあるけど釜無山付近は、完全に平坦ではない!。
GPSとサイコンで確認するも、地図上では平坦と記載あるが、ゆっくり上ってたりする。
騙されないぞ!(笑

でも周りの方も結構頑張っている。

名前も知らないバイクに乗っている人もいるのに、、、RUSHに乗っているこちらが恥ずかしい限りだ。

段々と周りの選手も抜きつ抜かれつで顔ぶれが知れてきた。(笑

斜度も落ち着き、やっとスピードがあがってくる。まれに登場する下りではガンガン行かせてもらう。
SANY2399.jpg

SANY2401.jpg


第3エードの20km地点に到着。
(ここからMTB35kmのコースと合流)

SANY2402.jpg

ここから地図上では6.8kmの下りだ。 国有林の中、かっ飛ばす!!
イケイケ~!! ダートあり、ガレ場あり、 楽しい!
でも、、脚が攣ったのがまだ響いてるので無理はしないでかばいながら走る。

35kmの選手(ゼッケンの色が違う)も結構います、子供2人とお母さんとかもいたりする。。。
この先、大丈夫か!?と思うが、、それはオレもか。。
「頑張れ~!」


下りが終わるのは早い。。。

今度は4.8kmの上り区間に入る。。(泣
なぜかすぐに50mも行かないうちに、、、、、また脚を着く。


やってしまった
脚を着いた瞬間、今度は遂に右足の脹脛と太股が同時に攣ってしまった。。。。。。。。。。


もちろん左足の脹脛も痙攣している(笑

遂に力尽きてバイクを放り出す
SANY2403.jpg


バイクから降りたものの、、、座れもせず、立つこともままならない状態で抜いていく人を見続けて
苦しい(′・ω・)カオ・・・・は、するものの、何事もないようなフリをする。

いい景色だな。
SANY2404.jpg



今回ばかりはダメ。 攣ったのを直すため、小休止することにした。
ここで40歳と50歳?ぐらいのご友人のお二方と少々談笑。
同じく脚を攣ったようだ。(笑
SANY2405.jpg

SANY2406.jpg

また固形食やパワーありそうなものを食べる。お菓子は美味しいがそんなこと考えているバヤイでない。
ハイドレーションも飲み、味を換えてボトルのほうにも口を付け、パワー補給する。
ちなみにここは、GPS読みで26km地点です。
SANY2409.jpg

SANY2410.jpg

しっかし、今まで散々サイコンとGPSの距離があわなかったのに、、、今回ばかりはシンクロ率が非常に高い!!
こんだけ走って殆ど同じ距離だ、 アスカ、シンクロ率上がってオレは嬉しいよ。(爆


休憩している間に、これまで抜いてきた人に、ゆっくりだが、、バンバン抜かされる。(笑
お、トランス君にもまた抜かされた。。
しっかし、、ここまででかなりの人に抜かされてきたなぁ。。


と、思いながら何が悪かったんだろう、と思い起こす。
前日は「ほうとう」と朝もあまり食べてなかったので、ハンガーノックになったからか?
いや、でも、普段から朝はあんまり食べてないし、、それほど腹がへったという感じでもなかった。
もっとよく寝た方がヨカッタ? だって地デジで、ディ・アフター・トゥモロー見たかったし。。

動けるようになってから、、記念写真です。
そんなこんなを考えながら、、足慣らしをしつつ、Xactiでパチリ。
SANY2407.jpg


「ん!? サドルがやけに低くないか??」


サD_001


ふと、そこでバイクを良く見ると、、



ゲッ、普段の基準位置より15mmあげていたはずなのに、、
普段の位置より逆に90mm以上下がっている!!!。


もしや、、、これが脚が回らなかった理由???。
パワーを食う割にはスピードが乗らなかった理由?、、普段ないほど脚が攣った理由?


一理あるかも・・・・・・ ってか、なぜ今まで気が付かなかった!??

そりゃ下りは快適で、上りが腰にきて脚も回らないワケだ。。
一体、いつから!??・・・・
比較_002



昨日のDH/Cコース下った時に加え、これまでの下りでこんなに下がったのか・・・

「・・・・・・・・・・・やれやれだぜ」


: by 丈太郎風


取り敢えず、高さを元に戻して、コースに復帰。
確かに乗りやすい! パワーが脚に伝わりやすい!!
上りきって第4エードの31km地点までGO!

それでも、もう辛い。
既に失ったパワーは戻らないのだ。
脚は度重なる「攣り」で、肉離れとかになったらヤだな~、と思いつつ、、兎に角、堪えて、、、頑張って、、たまに押して歩いたりする(笑

なんとか斜度も無くなり、ダートコースの様になる。
疲れを取りつつ、平地ではスピードを出す。
SANY2411.jpg

そのうち、牧場に到達。
SANY2412.jpg

SANY2413.jpg

長閑な牧場風景だ。
SANY2414.jpg

そして舗装路になり、更にスピードUP!!
SANY2415.jpg

SANY2416.jpg


">第4エードに到着。


SANY2419.jpg

SANY2418.jpg

ジッと我慢していると、水を持って来てくれた。 「あぁ、、有難うございます、動けなかったんです (泣 .... 」


「そうかと思ったよ (^_-)」 、、、おじさんの優しさに乾杯。 (/_;) チーン!


ここで配給のクッキーを食べると 
   (゚д゚)ウマー!!


いくつかムシャムシャ頬張る。パワー充電。
SANY2417.jpg

SANY2420.jpg

飴をGETし、さっきもらっていた飴を思い出したので口に入れて、また走り始める。
トランス君はここでサヨナラ。
距離は30km過ぎ。
SANY2422.jpg

甘い飴はイイナァと思いながら、また40~50歳の二人組みとハイスピードで走り始める。
ずっとペースが同じなので頼もしい。(笑
SANY2421.jpg

舗装路はガンガンイキマッス!
下りはもっとスピード出します! 40km/h・・・・・・50km/h越えだ!
SANY2425.jpg

SANY2424.jpg

あっという間に第5エード手前で左折し、林間コースへ。
来た来た、林間の下りだ!!!
RUSHの本領発揮!

下りは「お先に」といわれたので、一人、走り抜ける!
IYH!!
倒木や石、轍をジャンプしながらターンして曲がりくねる!
楽しいね。上りがウソのようだ。


第5エードはノンストップでスルー。


でもね、、下りが来たら、、次は上りが来るってのは、もちろん承知してたさ。(泣



「悲しいけどコレ、戦争なのよね」
:byスレッガー中尉




次は茅野市の芝平山頂まで上りだ。 地図では上り区間1.5kmで、1kmはきついとある。

ふとここでサドルを見てみると、今の下りでまたサドルが下がっている・・

オイオイ。。こりゃ今回の機材トラブルNo1決定だな。 カーボンピラーのせいか?

またクイックを締め付ける。







「最後の最後で、、ホントにキツイぞ・・・・!? この坂 (;O;)」




さすがに途中はこれまでの疲れとパワー無し状態で、押すハメに。
押すのも腰が痛い、歩幅も小さいので押しながらも、、更に押している人に抜かれる。(笑
SANY2426.jpg


笑える・・・・・ 



もうすぐ、、、もうすぐ、、だ、、富士見パノラマのゴンドラ山頂は。。。


SANY2427.jpg

やっと、、平地になった。係りの人やボランティアの人にも、「もうすぐ上だよ、頑張れ!」、と活を頂く。

「泣けるぜ」 (疲労困憊の俺の姿に、全富士見町が泣いた)


そうこうしているうちに、プロテクター預かり所が見えてきた。 でもサバゲ用のプロテクターを自宅に忘れてきたから何も預けていない。(爆
でも昨日、Cコースを試走したし大丈夫。コースのコツは掴んだ。


道なりに進むと、、あれ?、もうすでに昨日試走したCコースの上ではないか??
このままCコース突入?



やっぱダウンヒル突入です。



当然画像なんてありません。


疲れきったカラダで、、ダウンヒルCコースにいやおうなく進まされる。(どっか止まるトコがあるのかと思ってたよ)

「え~い、、サドル下げたかったけど、、止まるのも面倒。 イテマエ!!!!!」

いよいよ急激な下りです。 Cコースは初心者コースですが、「DHマシン」の初心者コースです。
レーシングスピードなので、試走の通りクロカン/マラソンマシンで気を抜いたらふっ飛んで行きます。

最初はスピードの乗るジャンプコースです、軽く40km/h以上出しているのでそこそこジャンプしてしまいます。
フロントから落とさないと大変なことに(笑

3連ジャンプ、 ちょっと木の根を回って降りて、、、またハイスピード!ジャンプ!!!

たっのし~~~~い!!

高速ターンから木の根っこコース、ガレ場とポンポン、バイクは跳ねます。
かなりスピード出しているので、何人も抜きます。皆さん、避けてくれます。 m(__)m
「右行きま~す!」、「有難うございま~す!!」と一段と大きな声が出る(笑


疲れたカラダで、腕で体重を支え、バイクをコントロールし衝撃を吸収しながらなので、
今度は脚の次に、いつどこで  腕があがるか、、わかりません。



当然腕があがって、着地の衝撃を吸収できなければ顔から落ちて、前転、転倒でしょう、怖いです。


「オレの腕よ、もて!!!!!!」


そう、叫びながら、、(心の中で絶叫しながら)、、落ちていきます。
今、この瞬間、世界で一番オレが速いんじゃないかっていうぐらい (大笑


もう恐怖心なんてありません。疲れててハイ状態。。。。

 完全に覚醒していて(^^;;;; 何かがハジけ飛んでます。

RUSH最高!、リバウンドの具合も「あ、GU~!」
ひょいひょい曲がり、デカい洗濯板の上をハネ飛ぶのをコントロールし、
ターンは山のコブにあてて倒てらリヤタイヤを滑らせながら、曲がります。

ちょうど、同じくらいのスピードが出せるTREK君を見つけました、
速いですがTREK君に追いつきます。
2台で繋がるように駆け下ります。TREK君転倒したら確実に巻き添え食います。
ハラハラドキドキです。


残り、5km、・・・・2km、どんどんコース脇の案内の表示距離が少なくなってきます。
何人抜いただろうか。。
道幅も小さくなり、もうそろそろ終点です。
終点でると、、皆、ヘロヘロ状態になってます。

でもまだ覚醒中!!


ついにTREK君を平地で抜き、他にも数人抜きます。
なぜかここから坂道になりますが、ダウンヒラーの目を受けながら、必死にダンシング(笑

ゴールはすぐそこのはずです。
マーシャルに、「どこ!どこ!? ゴールはまだ!?」とまくし立てます



・・・・でも、残念ながらまだゲレンデ脇を上らなければならないようです。  泣


SANY2428.jpg


これこそ最後の上りってやつだな、これは、と自分に言い聞かせ、最後の力を振り絞って上ります。

いよいよ林の向こうに、会場のMCの声が聞こえてきました。
SANY2429.jpg

ついに最後の下りです。
会場の上の林間コース、スピードでてるからコーステープ見失うと突っ込みそう。(笑
SANY2430.jpg

いよいよ、林間ダートコースから舗装の駐車場にドスン!!! と着地。
この段差ヤバくない!?子供とか、初心者に!?。


前走者が見えたので、またまたダンシング!!! 



そして、
遂にゴ~~~~ル!!!!



SANY2431.jpg

SANY2433.jpg


公式タイムは、 4時間最後の方のゴール でした。 (泣





「3時間30分とかでないかな」、「せめて4時間は切ってみたいな」、なんて思ってた自分がアホだった。(笑

【GPS記録】
走行距離:48.1km
最高速度:56.2km/h
実走行時間4時間13分 (押して歩いてる時間差し引いて普通に走っていたら、、4時間切れた??)
平均速度11.4km/h
ストップ時間43分 (結構休んでいた)
最大標高:1,980m
標高差:1,515m

【ハートレートモニター】
4時間48分17秒 (スタート後、自分が走り出して下り坂で記録STARTだから数分早い)
平均心拍:164
最高心拍:193
消費カロリー:3,983kcal
トレーニング効果:レベル5 


 さて、今回の問題の整理。

1.サドルの下がり現象
  サドルが下りを終えると、下がっている点。最大で約90mmは下がっていたはず。
  それも上げても毎回だ。
  カーボンシートポストとシートバインダーの性能も追求しなくては。
2.やっぱり早く寝ましょう
  地デジは危険。やはり9時~10時くらいには寝るほうがいい。
  映画なんてDVDとかでいつでも見れる。
3.追い込みのトレーニングをもう少ししなければ。
  上り坂トレーニングですね。 ただでさえ、高地なのに。心拍にも注意。
4.皆さんのバイク、軽そうだった。
  それに引き換え、我がRUSHは重そうに見えた(笑  特にスクイズボトル。
  てか、装備多過ぎ?
  結果論だがチューブ3本はただのデッドウェイト(サドルバッグの中身も)だった。
  (パンクしなかっただけ良かった、と思いたい)
5.飲み物/食料関係
  ハイドレーションの900mlは全て飲み終わった。ボトルは少々口を付けただけ。
  1.5lも飲んでないか?(標高高くて一部寒かったしね)
  愛飲のゼリーが無かったのは痛かった。
  アミノ錠を入れていた場所、忘れてた。
  お菓子は美味しく頂いた。
  それより、配給のクッキーと飴が一番うまかった。味が変わって一番元気付いた。(笑
6.終了後のバイクチェック
  リヤディスクブレーキパッドがいい感じに焼けている(笑
  Cコースの無理といい、メタルパッドにしていて良かった。
  マキシスのアドバンテージ、結構ブロックが削れていた。ハイグリップタイヤだから仕方なかろう。
  全体的に天気は良かったが、山中なので当然川があったり泥溜まりがあったりと、
  フロントフェンダーがあってよかった。
  ライザーバーじゃなくてフラットバーの方が全体的には良いのでは?と思った。
  特に上りで違うかも。 フラットハンドルに戻してみたいが、、レフティ唯一の欠点、
  ステムをこれ以上近くにできないので、必然的に遠くしてフラットハンドルにしなければならない。
  要検討。
  サドルバッグの剛性OK。
  自作のサイコンアダプター、さすがに帰宅後にグラグラしていて、ちょっとこじったら
  ステーが折れた。レースには耐えられたが、強度不足。 要改良。
  そのほかには特に問題なし。


 


結果的には無念さが漂うアドベンチャーイン富士見でした。

今回の記録は5時間いかないまでも、たかだか50km(制限時間6時間)です。
しかし、9月の王滝はオフロード100km。
ということは、単純に今回の所用時間を倍にすると、今度は制限時間の10時間がヤバい。
仮にまた今回のような失敗となれば、、途中のチェックポイントでアシ切りの可能性も。。。。

途中、あまり練習できませんが、、9月に向けて、まだまだ頑張る所はありそうです。
早速、自宅に帰宅後、お嫁さんに練習しなきゃ、、とお願いしておきました。
申請後、許可が下りた場合、一人遊びじゃなかった、、一人練習に行けそうです。

やっぱ軽いバイクはイイな~・・・また物欲が。。

SANY2432.jpg


SANY2434.jpg






MTB啓蒙のため、ポチッとクリックご協力お願いします!
f_02.gif
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=247211

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ にほんブログ村 自転車ブログへ

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ全記事表示

プロフィールと愛車達

GAGAのプロフィール

Author:GAGA

~29er乗りのサイクルスローライフ~


マウンテンバイクからロード、スノーボードにフライフィッシングからキャンプ、サバイバルゲームからプラモデル/フィギュア、ラジコン、デリカD:5等々、多趣味な40男のブログ。

開く

高脂血症の食事療法

【食事療法編】

★食事のポイント
(コレステロールが高い場合)
・エネルギー量の制限
・コレステロールを多く含む食品の制限
・食物繊維の摂取をふやす
・P/S比を上げる※1
 ※1:P/S比は、血中コレステロールを低下させる作用がある多価不飽和脂肪酸(P)と、増加させる作用がある飽和脂肪酸(S)の摂取比率。

★高脂血症を防ぐ食事の基本
1. 偏らず「栄養バランスのよい食事」を。
2. 摂取総エネルギー量を抑えて、適正な体重を保つ。
3. 飽和脂肪酸(おもに獣肉類の脂肪)1に対して不飽和脂肪酸(おもに植物性脂肪や魚の脂)を1.5~2の割合でとる。
4. ビタミンやミネラル、食物繊維もしっかりとる。
5. 高コレステロールの人は、コレステロールを多く含む食品を控える。
6. 中性脂肪が高い人は、砂糖や果物などの糖質と、お酒を減らす。

★コレステロールを下げる食品の分類
食品
※体内にあるコレステロールの7割前後は、体内で合成されています。
※血中のコレステロールを増やす食品として明らかになっているのが、飽和脂肪酸です。逆に体内のコレステロール値を下げる働きをするのは、不飽和脂肪酸を多く含む食品です。
※ポテトチップスは食品としては全くコレステロールを含んでいないし、チョコレートや即席麺に含まれるコレステロールもわずかだけど、体内でコレステロールを増やす働きがあります。 ※コレステロールが多く含まれている卵の黄身や肉の脂身、魚卵、イカ、エビ、ウニなどは控えめにし、バターやマヨネーズなどは使わずに植物性のドレッシンクを使うようにしましょう。  また、野菜、大豆製品(納豆・豆腐・煮物など)は毎食食べるようにし、野菜以外でも繊維分を多く含む食物(コンニャク、サツマイモ、キノコ頬、海藻頬など)は積極的にとりましょう。 繊維分の多い食物はコレステロールを体外へ出しやすくします。

=================================

   My Bike   

★Mountain Bike 愛車★
 ●Gary Fisher/ゲイリーフィッシャー 29er
  '09 MAMBA
   w/09 FOX F29RL 80mm G2
  MAMBA

★Road&Cross&MiniVero Bike 愛車★
 ●'08 COLNAGO CLX
  COLNAGO CLX
 ●'09 GIANT ESCAPE R3 ジテツウ仕様
 ●'10 BS JOSIS wgn

開く

 以前所有していた自転車

高校の頃はセパハン付けたNSRレプリカの自転車...

1994年~:GT TEMPEST
        GT AGGRESSOR
1996年~:GIANT XCX-SE 24in
1996年~:Yeti KOKOPELI
        Yeti LAWWILL4
1998年~:YETI ARC
2002年~:YETI AS-R
2007年~:Cannondale GEMINI
        Cannondale F300
        Cannondale F2000SL
2008年~:Cannondale '05Scalpel US
        Cannondale '06RUSH
2009年~:Cannondale '08Scalpel
2010年~:Cannondale '10 HOOLIGAN 9

~現在に至る~

=================================


↓自転車ブログに参加しました! ランキングのためポチッとお願いしますね! (^^
にほんブログ村 自転車ブログ MTBへにほんブログ村 自転車ブログ 29erへ
にほんブログ村
↑他にも沢山の自転車ブログが集結していますよ。是非見てみて下さい。

FC2 Blog Ranking人気ブログランキングへ
Mail to:

目標とスケジュール!

開く

 ●2011年の目標とスケジュール/イベント

【2011年の目標とスケジュール】

★3月5日 東京エンデューロ 2011 River Stage★
 <コーポレーション2人チーム ロード出場!>
 COLNAGO CLX


5月より中国・上海へ転勤となったため、以降レーススケジュールは白紙に。

★5月15日 第8回アドベンチャーイン富士見★
 < MTB50km エントリー済み! >
 29er '09MAMBA
 ※震災の影響で大会開催中止※

★6月12日 第8回Mt.富士ヒルクライム★
 < 一般24kmロードエントリー済み >
 結果:DNS  COLNAGO CLX

9月○日 ホノルルセンチュリーライド2011
 <ハワイ-オアフ島/100mile参戦予定>
 COLNAGO CLX
------------------------------
※注釈
★赤色★:エントリー決定済 / 参加済み
☆グレー☆:エントリー計画中....
○グレー○:その他 イベント
------------------------------


開く

 ●2010年の目標とスケジュール/イベント

【2010年の目標とスケジュール】
GAGA2のアドベンチャーイン富士見に向けて

★1月4日 走り初め茅ヶ崎~府中ライド★
 <初走!!>
 29er '09MAMBA
★1月23日 SAT 2周年記念オフ@A山★
 <記念オフ参加!!>
 29er '09MAMBA
★3月27日 #1オフ練&花見★
 <チーム○○○○○MAPオフロード練習>
 29er '09MAMBA
★4月3日 三浦半島1周LSD練★
 <チーム○○○○○MAP LSD練習>
 COLNAGO CLX
★4月29日 6トレライドへ変更★
 <チーム○○○○○MAP HC練習>
 29er '09MAMBA
★5月5日 大名栗林道ヒルクライム★
 <チーム○○○○○MAP HC練習>
 29er '09MAMBA

★5月16日 第7回アドベンチャーイン富士見★
 < MTB50kmタイム40分短縮して完走! >
 29er '09MAMBA
★6月6日 第7回Mt.富士ヒルクライム★
 < MTB男子クラス 無事完走!! >
 29er '09MAMBA

★7月23日~25日 ネイチャートリップ!
 ecoツアー in 伊豆大島への島旅★
 < 会社を飛び出し、夜の竹芝桟橋から
  MTBで島一周の旅に.... >
 29er '09MAMBA

☆9月11日 大名栗林道ヒルクライム☆
 <ガレ場ヒルクラツーリング>
 29er '09MAMBA

☆9月19日 SDA王滝クロスマウンテンバイク☆
 < MTB100km参戦!
  王滝まで辿り着けずDNS..>
 29er '09MAMBA

☆10月23日 ゆるゆる浜名湖サイクリング☆
 <浜名湖1周サイクリング企画参加!
  一応、一周してきたよ~>
 29er '09MAMBA

------------------------------
※注釈
★赤色★:エントリー決定済 / 参加済み
☆グレー☆:エントリー計画中....
○グレー○:その他 イベント
------------------------------

開く

 ●2009年のおもゐで/RACE

【2009年のおもゐで -参加RACE】

★2月21日 初ヤビツ峠 ヒルクライム輪行★
 <一人旅 行ってきた!>
 COLNAGO CLX
★3月1日 knpr尾根 ヒルクライムツアー★
 <五日市方面 参加してきた!>
 08 SCALPEL

   [雪山行事]
 ○3月14日 オール○○ SKI大会○
  男子スノーボードクラス
  <志賀高原/一の瀬ファミリースキー場>
    <参加してきた!>

★3月29日 #2ヤビツ峠ヒルクライム輪行&
  裏ヤビツ~宮ヶ瀬湖~津久井湖~
  高尾~日野橋~多摩サイツーリング★
 <一人旅 行ってきた!>
 COLNAGO CLX

★4月11日 大名栗林道ヒルクライムツアー
 <埼玉県 大名栗林道 参加してきた!>
 08 SCALPEL
★5月10日 狭山湖近郊トレイルツアー
 <埼玉県 狭山湖近郊 参加してきた!>
 29er '09MAMBA
5月17日 アドベンチャーイン富士見50km
 <富士見パノラマ MTB50km完走!!
 Time短縮!! >
 29er '09MAMBA
5月31日 セルフディスカバリーアドベンチャー
 SDA in 王滝42km

 <長野県木曽郡王滝村START
 エントリー済み!! >
<子供の運動会と重なり、DNS> 29er '09MAMBA


★7月20日 第二回 チキチキ!海の日に山に行こうトレイルツアー
<五日市方面 TRTR温泉、UMNK峠、UMNK峠、FTDK峠>
 29er '09MAMBA

★7月25日 富士山1周トレーニング
 <富士山周回 約120km>
 COLNAGO CLX

○夏季休暇 実家帰省○
★8月10日鹿児島県 桜島 1周ライド★
 <実家から自走して1周し帰宅>
 COLNAGO CLX

★8月14日鹿児島市内~陸回りで桜島へ ツーリング★
 <薩摩半島~大隅半島経由~桜島>
 COLNAGO CLX

9月27日 ホノルルセンチュリーライド2009
 <ハワイ-オアフ島開催/ 100mileタイムアップ!!
 100mile走破&タイム短縮済!! >
 COLNAGO CLX

開く

 ●2008年のおもゐで/RACE

【2008年のおもゐで -参加RACE】

★2月24日 a.b.c cup Vol.39出場
 <幕張 参加!!>
 SCALPEL
★4月27日 大名栗林道 参加!
 <埼玉県 飯能方面 大名栗林道>
 RUSH
5月18日 アドベンチャーイン富士見50km
 <富士見パノラマ MTB50km完走!>
 RUSH
8月2~3日
 会社同僚 富士山登山イベントの
 ベースキャンプ担当を兼ねた....
  第3回 富士MTBサマーキャンプ
  24時間エンデューロin小山
  (8時間ソロ 出場!!)

 <静岡県小山町 - 富士山麓>
 RUSH
★8月31日
 大名栗林道 中止のため......
 S尾根 DHツーリング 参加!!!!
 <奥多摩方面>

 RUSH
★9月6日
 第三回チキチキ柳沢峠ヒルクライム大会
 <奥多摩方面 参加!!! >

 SCALPEL
  ○5~9月 一人遊び自粛期間(終了) ○
9月14日 セルフディスカバリーアドベンチャー
 SDA in 王滝100km

 <長野県木曽郡王滝村 参加!!!DNF>

 RUSH
  ○11月 多摩サイに引越し○
★12月14日
  Trail7に走りに行こう!
  <埼玉県飯能市「Trail7」(仮名)> --雨天中止--
08 SCALPEL

開く

 ●2007年のおもゐで/RACE

【2007年のおもゐで -参加RACE】
★11月11日 マウンテンバイクレースイン緑山
 スタジオ・シティ/ WD-40レース 35-39才クラス出場
F2000SL

2007年6月。
MTBで走ることの目標、このブログのきっかけとなったイベント。
9月30日 ホノルルセンチュリーライド2007
 ハワイ-オアフ島開催/ 100mile走破!

F2000SL
SANY0301.jpg



リンクツリー
時刻と天気予報

-天気予報コム- -FC2-


QRコード
QR
ブログ内検索&カレンダー
●ブログ内検索●

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

●現在までの全ての記事タイトルを「一覧表示」する●


最近の記事とコメント/ツリー表示


●全ての記事を一覧表示する●


記事のカテゴリー別表示
ユーザータグ

上海 中国 東京エンデューロ エンデューロ TOKYO Stage River 王滝 9王 SDA マンバ 29er MAMBA MTB 富士ヒルクライム ゲイリーフィッシャー GARY 29er FISHER 355 Raven ZTR NoTube ゲイリー アドベンチャーイン富士見 MAMBA CLX COLNAGO コルナゴ センチュリー ホノルル GAEY ダイナパック DynaPack トピーク TOPEAK キャノンデール 砧公園 富士見 MOTO Cannondale RIZE アドベンチャーin富士見 TOKYOセンチュリーライド RUSH ラッシュ スピナジー SPINERGY 境川 ポタリング F2000SL SCALPEL レフティ LEFTY 東京センチュリーライド スカルペル GARMIN 

RSSフィード








実際に使用している商品紹介!2


【オススメ品】フィニッシュライン(FINISH LINE) バイクウォッシュ 1000ml


フィニッシュライン(FINISH LINE) イージープロブラッシュセット


フィニッシュライン(FINISH LINE) テフロンプラス「ドライ」ルーブ 60ml


【オススメ品】フィニッシュライン(FINISH LINE) クロスカントリー「ウェット」ルーブ 60ml


イベント用テントのシナノテント


【入荷致しました! 】ネーム入れ(名入れ)無料サービス中! MTB耐久レースのピットや、里山ベース、チームイベント等に超使える!!!...





マキシス フライウェイトチューブ 仏式 26インチ×1.9-2.125


MAXXIS マキシス XCタイヤ MONORAIL モノレール
マキシスの2008年最新XCモデル!!!! 取り敢えず、モノレールだ!!お奨め!!
転がりとグリップ、クッション性を両立させた新作クロスカントリータイヤ
センターには小さなブロックが連続して配置され、転がり抵抗の軽減に貢献しています。
ミドルブロックは間隔が広く配置されることで泥詰まりを無くし、サイドのC字型のブロックは高いグリップ力とコントロール性能を誇っています。


マキシス アドバンテージ 26×2.1
少々ウェッティな里山でも使える!! XCオールラウンドのハイグリップタイヤ!
フリーライドにも最適なハイグリップXCタイヤ 大量のエアボリュームと大きなサイドノブが特徴のアリソン・ダンロップがデザインしたオールマウンテンタイヤです。
対向した平行四辺形のノブが登りとブレーキングに威力を発揮します。
傾いたセンターノブが転がり抵抗を最低限に抑え、間隔のあるノブデザインが泥をすばやく落とします。


MAXXIS マキシス XCタイヤ RANCHERO ランチェロ
街でもレースでも使用可能なオールラウンドMTBタイヤ 独特なブロックパターンの配列は、驚異的な転がりの軽さとサイドグリップを両立させています。
特徴である大容量のエアボリュームがハードテールバイクでは吸収しきれないショックを吸収し、ソフトでしなやかな乗り心地を提供してくれます。
その性能と乗り心地はMAXXISサポートライダーも絶賛しています。



MAXXIS マキシス XCタイヤ IGNITOR イグナイター 26X1.95



hydrapak(ハイドラパック) リサーバーセット 1.5L


0827秋先5【10,500円以上送料無料】Hydrapak[ハイドラパック]リザーバーキット 2.75L


トピーク ダイナパック


CATEYE CC-CD300DW


RESPO(レスポ) アッセンブルオイル 20ml


RESPO チタンスプレー 100ml


ジロ アニマス ヘルメット


0827秋先5【10,500円以上送料無料】POLAR※9月30日迄[ポーラー]ポーラーボトル小※ポーラーボト...


OD BOX

里山を走ろう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。